地上アナログ放送が停波へ

今日の正午で終わったのですよね。


地上アナログテレビ放送が本日終了 -被災3県を除く。BSアナログも終了
アナログ放送、被災3県除き終了 10万世帯なお未対応


今日は久々にゆっくりとした目覚めでした。いつも午前7時前後に起きるのが習慣になっていますが、土日休みになったためか、少しずつ体がなれてきているみたいです。思えばこのような生活は大学以来なのですよね。


どうにもサービス業は土日こそが仕事時なので、その翌日となる月曜などがお休みの場合が多いのですけどね。なので、今日は自転車さんなりをきれいに拭いていました。とはいえ、お昼前後はやや暑くなりましたが。


110724.jpgそんな折、今日は以前からいわれていた「地上波デジタル放送への完全移行日」・・・Xデーとされていたわけですが、地上波アナログ放送が完全に終了となります。実際、いろんなページを見ていてもその旨が書いてありますし、上のリンクはまさにその直後の画面写真が映っています。皆さんのところもきっとそうなのでしょうね。


しかし私の住む札幌では、こちらのようにHBCさんやほかのところ、2、3社ほどが今もアナログ放送を配信していたりします。偶然なのかはわからないですけど、先ほどもまだ続いていました。25日からは映らなくなるなどいろいろいわれていますが、実際はどうなるのでしょう。普通に見られたのにはびっくりしましたけど。



アナログ放送は60年ほどの歴史があるのだとかで、私が生まれる前からずっと親しまれてきたわけなのですよね。その放送もいわゆる還暦を迎え、デジタル放送へと切り替わったわけです。私は比較的新しい物好きな人なので、ある程度価格がこなれたときに地デジテレビ(液晶テレビですが)へ移行し、試験放送時から見ている人ですけど、ゴーストやにじみがなくなり、文字がすっきりとして見えたのには感動しましたね。


42インチのレグザですちょうどその頃から液晶テレビ/プラズマテレビが普及しだしてきて、フラットパネルディスプレイ(FPD)と呼ばれる製品が次々出るようになりました。私のテレビは東芝さんのレグザ REGZA 46F1。デザインも優れていてお気に入りなのです。


ブラウン管テレビの良さもわかりますが、一度この大画面を見ると何ともいえなくなってしまいます。厚さもわずか3cmしかなく、ぺったんこなのです。技術の進化は衰えることを知らないものですね。にはは。


2011年07月24日 23:25 | 投稿者:lavendy

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/695

コメント

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)