続・放射性物質について

急展開を見せているので、まとめておきます@@


原発電源回復 日本の技術の信頼かかる


原発の復旧が思うように進まない中、放射能漏れによる各地への影響、被害が徐々に進行しています。最近は雨なども降ったりして、先日のチェーンメールが現実のものとなってきてはいます。


ただ、前回記したように正しく「除染」さえすればほとんどの場合は影響ありません。直接的な被ばく、を気にするレベルにあるのは原発で作業をしている方たちくらいです。私たちの場合は適切な除染と正確な情報収集。それに努めれば必要以上に怖がる心配もありません。


東京の浄水場から放射性ヨウ素検出 乳児の基準値2倍超 「飲用控えて」23区と5市
東京は水の品切れ続出 「子供の水どうすれば…」
「振り回された」「数日分は備え」都内ペットボトル争奪戦
放射性物質と水 Q&A


こちらは一番命に関わる身近なものとして、「水」の扱い方を取り上げていますが、参考になるのはQ&Aにある「浄水器の効果」「煮沸の効果」「乳児への使用」でしょうか。ヨウ素に関しては一定の効果はありそうなものの、基本的には放射性物質を取り除く効果まではないと考えるべきでしょう。そのため、ミネラルウォーターなどを買わざるを得ない状況になってはいます。


ただ、これも「過度に神経質になる場合」そうした方がいいだけであり、専門家さんの意見を調べていく限り、ほとんどの場合大人の方でしたらそのまま飲んでも問題ないとのことです。注意すべきは乳児や育ち盛りのお子様などには、できれば控えた方がいいかな、といったあたりで。全くだめとはありません。


ちなみに、粉ミルクをミネラルウォーターに溶かす場合はできる限り軟水で、そして軽く煮沸して堅さを飛ばしておくといいみたいです。ミネラル分が多すぎると影響が大きいみたいですね。ゆえに硬水は避けましょうとのことです。


原子力安全委…家庭菜園の葉野菜は控えて
東日本大震災 4月以降の学校給食 食器の衛生不安…パン中心か
被ばく避けるには? 注意点一覧


家庭菜園の場合はいわゆるご自身での視点で大丈夫か否かの判断となるため、直接食べるにはかなり厳しい、危険を伴うとの見解です。いろいろなページを読んでいくと、基本的に葉野菜はヨウ素を表面にかぶっている恐れがあるため、そのままいただくのは難しいのだとか。


でも、その場合キャベツなどを例に挙げると、表面の皮を1枚とるだけでかなりのヨウ素を除去できるのだとか。2枚もとれば十分食べられる範囲に収まりそうです。ですので、必要以上に恐れない方が貴重な野菜をおいしくいただける。後は入念に洗い流すことで除染にもつながる、と。


ヨウ素は土の表面で止まりやすく、土中への浸透はあまりないとされています。ゆえ、根菜類(大根やにんじん、サツマイモ)などは影響を比較的避けやすいみたいですね。そのため、気をつけるのは葉野菜類になりそうですので、購入される際はそのあたりを意識しておくといいかもしれません。また、皮をむくだけでこちらも大幅に低減できますから、当面の間はむいてからいただくようにすればリスクは避けられるでしょう。


セシウムは半減期が30年と長いのが難点ですが、こちらも専門家さんがいうには指定区域外であれば過剰に心配することはないので、雨の日にできるだけぬれないようにすること、ぬれた場合はきちんと拭き取る、ないし家に戻ったらお風呂に入ってしっかり洗い流す。これだけでもかなり効果があるみたいですよ。


北海道にはまだ直接的な影響はないみたいですが、こちらの大自然からわき出る水まで汚染はしてほしくないです。千歳の飲み水は本当にそのままでおいしいと感じられるレベルでしたからね。


札幌は若干味が落ちているようにも感じますが、私は三菱レイヨンさんのクリンスイを使っています。濾過能力がすばらしく、塩素(カルキ)がとれているのを如実に体感できるほどです(個人差はあるのでしょうが・・・)。こちらでいつもまろやかな紅茶をおいしくいただいているのです('-'*)


2011年03月24日 22:22 | 投稿者:lavendy

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/548

コメント

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)