計画停電での注意点

直接住んでいるわけではないのですが、気になったので。


計画停電二転三転、企業は大混乱「手打てぬ」「頭痛い」
「出勤難民」が夕には“帰宅難民”に 「けさはタクシー代が…」


被災地の方々も口にされる「正確な情報」。こちらがいい例ですよね。直接的な被害を受けていなくても、情報化社会の根幹が狂ってしまうと上のような話題も出てきてしまう・・・と。


総てを監理する東京電力さん自身の対応にも混乱ぶりがうかがえますし、みんなが節電をすると余力が生まれるため、かえって「計画=予定 通りにいかない」ようにも感じてしまいます。計画が、計画通りにいかないのでは本末転倒です。それならいっそのこと、余力があっても停電させますよと割り切ることで、これらの鉄道会社さんなりも予定を立てやすくなるのではないでしょうか。


被害を免れた工場などは操業をしているところもあり、しかしながら自家発電はできるだけ温存したい・・・それなら余力分は生産拠点にあてがうですとか。とはいえ、その線引きをほぼ瞬時に判断し、公表しないとならないわけで、さらには今回が初めてみたいですからね。予行演習もないので誰も責められません。


電気は蓄えられず、作った分を同時に消費しないとならないという難しさがあります。でも、できるだけがんばって予測を組み立て、公表することが今しなくてはならないことでしょうから。疲れをためすぎないで、精確な判断をお願いしたいところです。


.9都県、輪番停電で断水の恐れ
今すぐできる節電方法は Yahoo!が特設ページ公開


私なら、こういうところに気をつけておいた方がいいんじゃないかな、とは思います。一般の人なら誰でも気にする「水」。一戸建てのお住まいならそれほど影響はないかもしれませんが(水道管直結の場合)、


マンションや集合住宅などにお住まいの場合ですと、貯水塔からポンプで送水する可能性もあるため、停電が起きると水が出なくなる恐れがあるのですね。ゆえ、3時間の間だけですから(場合によっては6時間もあるみたいですけど@@)、事前にお風呂場に水をためておくなり、2lのペットボトル数本にためておくなり、前準備をしておくと混乱は避けられるかも。


節電を心がけるのは言うまでもないのですが、最近はやりの液晶テレビ+予約録画の組み合わせの場合、そのものが行えなくなる可能性もあるということで、頭の片隅に入れておくしかないでしょうね。あとはご自宅内にサーバー(データ類を保存しておく装置)を立てられている方は、事前にシャットダウンをするなりの予防策を講じておかないと不具合が生じてしまうかもしれません。


冷蔵庫も影響を受けやすい品になるでしょうが、開閉の回数を少なくすれば、すぐに庫内の温度が上がるということはあまりないでしょうから、必要以上に開け閉めはしないことが中の品物を長持ちさせられるかもしれません。でも、基本は必要なものを必要な分だけ、に今後当面は見直した方がいいのかも。



おまけで、こんな話題でも。妹さんがよく見ていた新世紀エヴァンゲリオン。私はあまりみることはなかったのですが、そちらの中でヤシマ作戦と呼ばれる事象があったのだそうな。「第5使徒ラミエルを狙う超長距離射撃のために日本中から電力を集めた作戦」みたいですが、つまるところ協力する姿勢をうまい形で表せているのかな、って。


私たちで心がけられることは、炊飯や湯沸かし、電子レンジでの長時間調理やドライヤーといった、電力消費が高めに推移するものの利用は、みんなが集まりやすい夜の一歩手前・・・などにしておけるといいかもしれませんね。お風呂の時間や炊飯の時間を少しスライドし、ピークが重なり合わないように、なのです。


節電徹底へ「ヤシマ作戦」賛同者がTwitterで広がる


2011年03月14日 23:23 | 投稿者:lavendy

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/534

コメント

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)