« やりましたね ~ 福岡大会の様子、ノヴァのイベントシーンムービーほか | メイン | アークスシップ対抗戦開催中&エレクトロニック・ディーヴァのムービー »

2014年07月02日

とある株主からのPSO2プレイヤーへの提言 #PSO2

これは、ぜひ伝えておきたいことですね。


タイミング的にはあまりいい?状況ではありませんけど、このお話は「鮮度が大切」だと思っていますので、風化しないうちにここで取り上げておきます。

ちょうど事故発生直後の当日、6/19に記す予定のお題でした。その時でしたらまさに「最悪」だったわけですが・・・。


∮ ∮ ∮

とある株主からのPSO2プレイヤーへの提言 #PSO2

先日記したEP3の懸念点の一つですが、その中で取り上げた まこなこさんの株主総会の様子 の紹介。その中に出ていた株主さんが、声を上げていらしたようです。

togetterサイトにおいて、Cellea17さんがまとめられている一連のツイートは、どうやら たかぎ(仮)@tkgsn146 さん。この方が、当の本人さんみたいで。

詳細はぜひ、上記のまとめをご覧ください。強い気持ちを秘められた方だと感じましたね、はい。

同業者という視点からいろいろと思うところを記してあり、説得力があります。同感な部分も同じで、偶然その参照サイトが同じだったのが笑えるかもしれませんが(汗笑)。

(注:私は宇野さんWikiを読んでいませんので、あしからず・・・)


リリーパ族の災難本当なら19日にでも記したいところでしたけど、さすがに阿鼻叫喚の日になっていましたので・・・自重し。今日取り上げておきます。

たかぎさんが総会中で取り上げたのは、宇野さんのシナリオについて著作権問題が発生していないか否かという点。これは同氏が同人・創作活動として世に問うた「送還直前即興曲」を酷似したものと考えており、同社の「知的財産権の管理が適切かどうか」を確認する意味で出したとのこと。

ただし、これはその後の懇親会(いろんな人が集まって歓談する)へとつなげやすくするための布石であったと、記しています。なるほど、確かにそうすることで認知されはすると思いますしね。

そのあたりの遷移については、前回取り上げた、まこなこさんのお話が理解の手助けをしてくれることでしょう。


たかぎさんは3点について、「元セガ社長でセガサミーホールディングスの代表取締役専務である鶴見氏と、セガ社長の岡村氏とお話をさせていたくことができました」、と。とても積極的に動かれたようで。いわば株主総会でのいちたろうさん、といった印象ですね。すごいのです。

詳細はtogetterサイトで確認願いますが、少なくともその場においては「PSO2に対する意見」として、認識いただけたようです。そしてたかぎさんとしてもみなさんに、積極的に意見を出してほしい、感謝祭などの場で行動してほしい、と呼びかけられています。

人によっては「メールだからやりやすい」「インターネットなので・・・」と、リアルに干渉しないから、といった部分もあるかも知れません。確かに、たかぎさんのように「現実世界からでも関わっていく」という姿勢は、株主さんでもない限り、なかなかないのかも知れません。

それは、そう。感謝祭でそういった声なりが、ほぼ出てきていないという点。もちろん、感謝祭、ですから。ネガティブな発想をした人が行くことはまずないのだと、思ってはいます。ですが、みなさん口にしないだけで、思っていること(改善してほしい事案など)は何かしらあるはず。

私はその一例として、匿名さんの書き込みに対し「楽しめていない理由は数多あれど、たとえばドゥドゥさんと関わって、このゲーム、楽しく感じられますか?」と問いました。もちろんその場限りでの書き込みでしょうから返答はありませんが、きっと暗黙の了解でしょう。誰が彼を「楽しいコンテンツ」だとお思いでしょうか?


リリーパ族の災難・・・かつて、こんなお題を記しているわけですね。都度取り上げていますので、すでに読まれている方もいらっしゃるはずです。

武器強化に思うこと ~ 前編


これは、私にとってお宝の品である「エーデル・アーロ」なる最高級品の弓矢を、強化する際の悲劇についてまとめたものです。

前作PSUでは「GC(ガーディアンズキャッシュ)による武器強化」なる概念があり、

PSO2に置き換えるならば「ACで武器強化を『必ず成功』させますよ」といったものです。それは強化段階によって価格が変わりますけど、目安として+5までで190GC=円。そこから+6が120GC、+7で160GC、+8で250GC・・・と。全部足せば720円にも上るわけです。これでPSO2でもいうところの+8となるわけですね。

(詳細についてはPSU Wikiをどうぞ)


私はGCを導入する段階で「あきれていた」人なので、その上にどのようなコンテンツを築き上げられようと、納得はいかない人です。が、エーデル・アーロは唯一無二の所持品。そのアカウント一つにつき1つしか持てないのです。

エリュシオーヌ、エーデル・フシル、そしてエーデル・アーロのうちのいずれか、ですね。そういったところからして、希少性が非常にあったこと、それに見合う高性能ぶりであったことから、私は意を決して+8まで有料強化をしたわけです。

どうでしょう、ばかげていません?
みなさん、ACを使ってまでして強化したいですか?


+8から先は「自分で強化してくださいね」となり、万が一、+9にしようとして失敗したのであれば、その武器は「永遠に+10にできなくなる」のです。

PSUには武器強化の上限値、というものが決められていて、一度でも失敗したらその耐久度の上限値が-1される仕組みでした。

イルミナス以前の無印PSUに至っては、武器そのものが破損してなくなったわけです。どうでしょう? 今のPSO2と比べたら、どれだけ鬼だったか、想像できるのでは。


そして彼らは足下を見て? 「武器の修復」なるものを後付けで導入(というよりも、GC自体が過疎化しても運営を続けるための対策だと思いますので)。「現時点の強化段階に応じ、耐久度を1回復させる」仕組みで、こちらも詳細はWiki側で確認していただければと思いますが、

6/6→6/7 150GC
7/7→7/8 200GC
8/8→8/9 300GC
9/9→9/10 600GC

・・・となっていました。

たとえば+8まで有料で強化すると720円かかり、そこから+9に強化し、+10へ強化、失敗すると武器の数値としては「0/9」となります(+8まで失敗がない=有料なら8/10という表記になります>そこから+9へ成功で9/10、その次が失敗なので、強化値はゼロになる/上限値は-1、となります)。

(22:40 記載ミスのため、上記強化値の仕様を訂正しました。気づくのが遅くなり、申し訳ございませんでした。・・・より厳しい内容になっただけですが・・・(汗笑))

なので、有料で720円かけて8まで強化しても、失敗したら0/9で最高性能が引き出せなくなり(その後ストレートで成功しても9/9止まりとなるわけです)、最大限強化=+10にしたければACをくださいという。上記から600円なわけです。この時点で1320円かかっているのですね。

(なお、ムービーは8/10→9/10→0/9・・・となります。グラインダーもたくさん使うわけです)

そして再度トライし・・・また失敗というのがざらで。いろんなお友達さんに聞いた結果、平均で10/10にするには「武器1つあたり 3000円 はかかっている」印象でした。・・・いかがでしょう。みなさんは、耐えられますか・・・?

(GAS(ここでいうスキル)によっては、「10/10の武器でないと、効力を発揮しない」ものさえあるわけなのですから・・・>フルカスタムパワーのこと)


海岸での採掘活動・・・といった感じで、PSUはみなさんが思っている以上に、「相当 ・・・ なところがある」のでした。

私はその当時から、「これがグローバルスタンダードを狙った、未来のRPGか?」「キャッチコピーにあった『すべてのRPGを、過去にする』は何処へ行ったか?」etcetc...。書き込み続けてきたわけです。

(過去にされたのはPSU自身というのが、ブラックジョークもいいところでしたけどね・・・(’’)

最終的にはいろいろと思い出に残る部分もあり、「決して、PSUのゲーム根幹に非はない。あるとすれば、それは適切にハンドリングができなかった、運営さんの未熟さや怠慢によるところだ」、と。

GCという、ロクにお仕事しなくても安定して収入が得られる課金源を思い知ってから、途中からの進展が途絶えてしまったのです。進化したのはお察しの、衣装周りのみでした。そして改善案、要望はすべてポータブル2(PSPo2)に回されるという本末転倒ぶり。如何にPSUプレイヤーが、実験動物扱いだったかがうかがい知れるものです・・・。

(ゆえにイーサンさんの言葉はPSUを語る上で、避けて通れない名ぜりふだったりするのです・・・>俺たちは使い捨ての実験動物じゃない!!)

とはいえ、インフィニティやPSO2にスタッフを割かれ、限られた人数でしかイベントなり、アイテムなりが作成できなかったことを思うと驚異的とさえいえましょう。終盤のイベントや衣装などはいわゆる手作り感も如実に感じられ、

なるべくしてなってしまった未来だったと、いえるかもしれません。それでも、その場を過ごした人たちにとっては、「PSUという遊べる場があってよかったかな」と思うわけです。


・・・といったあたりが、実は前のムービーでちょこっと取り上げた、HELLSING(ヘルシング)の一コマだったりするのでした。少佐さんの演説は、密かにかけているのです(いえいえゞ( ̄∇ ̄;))。

思いっきり脱線しましたけど、その 思うこと に載せた動画は、ある意味運営さんに対するアンチテーゼ・・・否定的命題、いうなれば反対の主張となるわけです。


「GCでの強化など、誰が望んだか?」

・・・と。当時の彼らから見たら「大切な武器は、愛用してくれますよ・・・ね?」とでも思っていたのかも知れませんけど、とてもではありませんがGCなしで10/10武器を作れるほど、甘くはありませんでした。

このような事態に陥ってしまったのも、PSUのベータテストの時に「こんなに簡単に最大強化ができたらつまらん!もっとリスクをあげろ!」という声があったのだそうな。・・・なんと余計な真似を(怒)。その声が、仇となったわけです。

しかしながらみなさん、愛着のある武器をがんばって育てたい思いもあり、利用した方も数多くいらっしゃることでしょう。私だけでも、修復こそは一度も使いませんでしたが(当たり前です・・・)、強化だけで5000円近くはおそらく使ったかなと。


フォトンブラスト発動!つまらなさそうに見える、という不名誉な言葉もいただくわけですが、それはこのようなPSUの惨事をくぐり抜けてきたものだからこそいえる意見でもある、という部分はご考慮いただけると助かるところです。

ゆえ、ネガティブな意見は下にまとめては、ともありましたが、それは言い換えれば「臭いものに蓋をする」という、当時の運営さんの姿勢と何も変わらないものであり、私としてはあまりしたくないことではあります。

そういった「重箱の隅をつつかない」まま、だらだらと過ごし、お客様を増やせない状況下に陥ってしまったのが、PSUのサービス終了=敗着となったわけですから・・・。

(ゆえ、残った1000人は相当に優れた顧客だったと思いますよ
 これだけの人数で、PSUを終了まで支え続けたワケなのですから)


本サイトはそういった意味でも、「PSO2をプラスの面だけで楽しみたい」という方には不適格なページであると、とらえています。ゆえにサポーターズリンクも登録しないわけです。

が、本当のファンならいいところも、悪いところも、黙ることはよしとせず、しっかり記せてこそだと思っています。

そのあたりは人それぞれ、思うところがあることでしょうから、こちらでその是非を問うことはしません。私とてもちろん、明るい話題だけで埋めたい思いはありますし、やろうと思えばそれは「できます」。ですが、私が真にやりたいことではないですので。


「こんな変人(かわりびと)にたたかれたくない」と思うのでしたら、常に発展の、改良の道を目指していただきたい。PSOはほぼ栄華の跡しか見つからないものの(もちろん問題点もいろいろありますが)、PSUは一転して傷痕しか見つからないわけです。Xbox360版なども遊んで来て、感じることでした。

ただ、そんな中であっても、PSUプレイヤーさんは常に楽しむ精神を忘れず、満喫してきたエンターテイナーさんたちであった、ということも、私は決して忘れません。遊んでいる人たちは、皆笑顔でプレイされていましたから。

なぜなら「PSUという遊び場に集うことができれば、ゲームの中身なんて『プレイヤーたちでいろいろと工夫して、楽しむことができた』から」、です。


その『場』がなければ、それすらかなわないわけです。
ゆえの課金の大切さ、でもあるわけですね。

現に、私はそれによって、いろいろと支えられてきた部分がある人なので。
否、それはきっとPSUを楽しんだみなさん共通のことだと思っています。


∮ ∮ ∮

みなさんの大好きな? 武器強化を一例に取り上げましたけど、その他もあげるとその数倍~数十倍の文章を記さなくてはならないことでしょう。ですが、言い換えれば「それだけ、PSUから学ぶことはあまりにも多い」わけでもあるのです。

大半の方はおそらく、PSUを最後まで楽しまれてはいないものと思いますけど、それくらいに「運営さんに対する不満」というものは、何かしら持っていたものです。

サービスが存続するためには仕方がない、と割り切り、その中でどうやって楽しもうとけなげにがんばってきたのがPSUプレイヤーたちなのです。PSO2でも引き続き遊ばれていらっしゃるでしょうが、その人たちはきっと、私のいうところは察していただけるものとは思っています。


海は好きですねあれから数年。インターネットの世界は携帯端末へと波及、家庭用ゲームもかなり衰退し(特に据え置き機)、そんな中で一定数のアクティブプレイヤーを確保できているPSO2は、今後の試金石になるタイトルだと思っています。

それは、PSUとダブる点が多数散見されること。決して イコールPSU2 となるわけではないのですが、「楽しみ方の評価軸を、たくさん持っている」タイトルでもあるがため、同じ意見ではありますが「PSO2自体に非はない」というのが、現時点での私の感想です。


コメントの中に「素材をとても大切にされている」という言葉もあったわけですが、それは当たり前のことだと思います。なぜなら、そう。みなさんレビューなりで口にしますよね。


「素材は一級品だのに、それを活かし切れていない」


と。運営さんたちには残念ながら、それをうまくゲームとして、アクションRPGとして訴求できるだけのスキルは持ち合わせていないように感じます。

(俗に言う、エアプレイ・・・えあぷ、ですか。「空気のごとく、実際に遊んでいないのにあれやこれや語る姿勢」となじられるほど、自分たちが創ったものを理解できていない)


むしろ、本サイト、画質面で検索されるのが大半でしょうが、その点で感動して、後はマイキャラさん、お友達さんといろいろなことを楽しまれる、方が多いのではないでしょうか。


それは私なりに、「『画質を改善することで得られる、PSO2の新たな価値観』を強く訴えている=丁寧に解説している」からこそ、

『その熱い情熱が、読み手に伝わっている』

ものだと、考えています。


素材は相応にできていますのに、それを大切にされないで、一体どうされるというのでしょうか・・・?

運営さんだけに限らず、プレイヤー側としても。


・・・そのあたりは別のたとえを出して、後日まとめたいと思いますけど。この一連の文章を読んで、何か思うところがあれば。

メールでも、感謝祭で酒井さんたちに「直接」でもいいわけです。プレイヤーとしての意見を、伝えてみてはいかがでしょうか。

私も今回は、行こうかどうか、考え中ではありますけど。PSO2が好きなことに、変わりはありませんからね(好きでなければここまで書く前に、去っていますよ・・・)。本サイトを軸に、何かアクションを起こせたらいいなとは思っています。

(というよりも、その想いを読み手に伝える=伝搬していくことが、私なりのアクションというわけですけどね。にはは)


補足:あくまでも「どのように感じるか」だけであって、具体的な行動に起こそう、とするものではありませんので。何か思うところがあれば、運営さんにメールなり送ってみては、といった内容です。深く考えすぎないようにお願いしますね(@_@)

(あ~あ、またなにかぼやいているよこの人は・・・くらいで十分です)


『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

From : lavendy | 12:00