« GeForce 335.23 WHQL Driverの動作確認 | メイン | 進撃の巨人コラボとデラックスパッケージの詳細 »

2014年03月13日

PSO2 おすすめパソコン購入ガイド 2014春 その2 ~ 性能を重視

ある意味、選ぶのが悩みどころな価格帯です。

過去の記事となりますので、最新版をご覧ください。


明日、と記しながら延びてしまってすみません(@_@) 本日分と、ノートパソコン編・その他もほぼ書き上げてありますので、明日載せますね。


先日記した その1 では10万円以内というパソコン購入においてはぎりぎりの価格帯を紹介しましたけど、今日取り上げるのは10万円以上。「一昔前ではこれで最低ランクのぱそ子さん」を探す部類となります。

が、現状デスクトップパソコンで10万円超えというのは、「十分快適に遊べる=作業できるパソコン」となりますので、昔のXPパソコンみたいに「遅い、イライラする」といったことはほぼ皆無になると思います。

逆に、ストレスなくスムーズに動くようになれば「あれもやってみたい、これもしてみたい!」といろいろ視界が開けてくると思います。その気になれば全世界に向けてYoutubeに動画配信を行えるほどの性能を有します。

つまり、「可能性を多いに秘めている」のが10万円以上クラス。それだけに、各社いろいろと力を入れて取り組まれているため、機種選定が困難になりやすい、という部分もはらみます。

10万円以内はほとんど選択の余地がないため、断定的に「これがいい!」と機種を決めましたが、こちらでは「グラフィックスカード別に各社のモデルを取り上げてみる」ことにします。


おさらいですが、PSO2に限らず、「パソコンでゲーム、しいては作業などを快適にこなす」ために必要な部品(パーツ)は?・・・『グラフィックスカード』、でしたよね。この部品でいいものが積まれていれば、それだけ快適に遊べるようになります。

一部の画像ソフト、動画編集ソフトなどはこのグラフィックスカードの力を借りて、劇的に処理速度を高める仕組み(CUDA、などですね)を採っているものもありますので、「ゲームだけにとどまらない、重要な部品」となっていることもお忘れなく。

そして、いいグラフィックスカードを快適に動作させるために必要なものは・・・そう、心臓、ポンプの部分にあたる『出力容量の大きい電源ユニット』です。よい電源ユニットが積まれていれば、パソコンの各パーツに安定して電気を供給できるようになり、不安定になることもなく快適に動作するようになるのです。この2点を注意しておきましょうね。

☆ゲームに特に必要なのは「よいグラフィックスカード」
★よいグラフィックスカードを動かすのに必要なのは「高出力な電源ユニット」


では、前回に続き承認を得ている3社の情報でも書き込んでみますね。


・マウスコンピューター社「G-TUNE(ジーチューン)」

エターナル・フレイムさんにもおすすめした会社さま。年中無休の電話サポートが大きなポイントで、初心者の方にも安心して選べる要素になっていると思います。

マウスコンピューター/G-Tune


・ドスパラ(サードウェーブテクノロジーズ)社「GALLERIA(ガレリア)」

らべも数回、利用したことのあるお店。現在はPSO2放送局でも利用されているパソコンとして有名ですよね。幅広いパソコンがラインアップされています。



・Dell(デル)社「ALIENWARE(エイリアンウェア)」

「宇宙最強のゲーム用パソコン」と銘打つ、ゲームPCブランドとしても古参の会社さんになると思います。その尖りっぷりさはニコニコ大百科さんに別途紹介されるほど。

デル株式会社


さて、この価格帯になると「ほぼどのモデルを選んでも、『PSO2内にあるグラフィックスオプションはすべてOnにしても快適に動く』」ような構成になっています。前回取り上げたグラフィックスカードは『GeForce GTX 660/750/750Ti』。

これが最低ライン(買い換えても満足度を十分得られる、という意味合いですが)だったわけですけど、10万円以上はより上位のカードを搭載しています。NVIDIA社GeForce系列でいえば『GTX 760/770/780/780Ti/TITAN/TITAN Black Edition』などがありますし、

もう一つのグラフィックスカードメーカーとしてAMD社RADEON系列というものもありますけど、『R9 270/270X/280/280X/290/290X』と、いずれも非常にモデル数が多くなっており、詳細を把握するのが大変です。


ですが、両社において、そしてパソコン関係製品購入の際に共通していえることは『(例外を除いて)数字が多いほど高性能』ということと、『Ti や X の文字が入るようであれば、そちらが上位版』ということでしょうか。あくまで、ざっくりとしたイメージとしてとらえていただければ。

らべとしてはNVIDIA社のGeForceをおすすめはしておきますが、あくまでもそれは「本サイトに紹介しているような、画質をより高いレベルに引き上げるための設定が、比較的容易にできる」ようになっていること。特別なソフトが、鍵を握っています。

対するAMD社RADEONにおいては「(画質をよりよくするためには)トリッキーなことをいくつか乗り越えて、初めて実現できる」難しさがあり、「PSO2で推奨されているのはGeForce系」であることから、『ご自身でいろいろ調べた結果、それでもRADEONがいい』という結論にたどり着いた方が、選ばれるといいと思います。


数多のグラフィックスカードにおいて、「ほぼ同じ性能を実現する分け方は、どのようになっているのか」という部分が気がかりだと思います。おおよそのイメージとしては、この並びになっていると考えていただければ。

NVIDIA GeForce
AMD RADEON
GTX 750
R7 260/260X/265
GTX 660/750Ti/760(/670)
R9 270/270X
GTX 770(/680)
R9 280/280X
780/780Ti/TITAN/TITAN Black Edition
R9 290/290X

価格的には上から順に「10万円未満」「12~13万円」「15~17万円」「18万円以上」といった並びになっており、前の話題と同じ通り、「よいグラフィックスカードを積んだモデルは、電源をはじめとした構成する各パーツもそれに見合ったものが積まれている」ため、細かい部分を気にされる必要はありません。

前に取り上げたGeForce GTX 660/750Tiが、12~13万円内のくくりに入れられていますが、あくまで「RADEON側との性能を対比した場合、どの枠内に収まっているのか」という部分に注目していただければと。

また、よいグラフィックスカードを『滞りなく動かすための司令塔=CPU』という部品もありますけど、この価格帯であればすべて「PSO2をしながら○○をする」といった、「ながら作業」ができるクラスでもありますのでご安心ください。

(名称をあげると「Core i5-4570」「Core i7-4770(K)」ですが、ほとんどに採用されているはず。これらはながら作業にも十分耐えられる、高性能なCPUです)


前置きが長くなりましたけど、それでは各社のモデル、グラフィックスカードごとに並べてみましょうか。ただし、こちらも申し訳ありませんが、PSO2推奨パソコンを軸に紹介しますね。同程度の性能のグラフィックスカードは上にあげましたので、あなたがRADEONを狙っている際はぜひ参考にしてみてください。

バナーをクリックすれば別ウィンドウが開くはずですので、そちらを見ながら読み進めるといいでしょう。


注意しておくこととして、PS3をはじめ、最近普及してきた感のある「ブルーレイ(Blu-ray Disc)」ですが、パソコンにおいてまだまだ現役・主流を占めるのは「DVDスーパーマルチドライブ」です。ブルーレイが扱えませんので、この点は注意しておきましょうね。気になる方は注文の際、電話で確認されることを強くお勧めします。


☆中辛コース:GTX 760クラス(おすすめ)

マウスさん:グラフィックスを強化! GeForce GTX760搭載ミドルクラスモデル NEXTGEAR-MICRO im540SA5-PSO2(119,800円)

ドスパラさん:GALLERIA ファンタシースターオンライン2 推奨モデル XT-A (ガレリア ファンタシースターオンライン2 XT-A)(127,980円(込))

デルさん:ALIENWARE X51 プラチナ ゲーミングパソコン(134,800円)※特殊です


いずれのモデルもバナーから飛んだ先の最初の画面で目にかかるはずです。価格帯的には11万後半から13万中盤といったところで、「快適な性能を有するパソコンの下限」ととらえていただければ。

これらのモデルにはGeForce GTX 760や、それに相当するRADEON R9 270(デル社のものです)が搭載されています。本サイトに上げているカスタムアンチエイリアシングなる高画質技術を用いない際、「PSO2標準のグラフィックスオプションから選択する」わけですが、

これらのカードなら簡易描画設定を5にしても、十分動かせるものと考えられます。・・・が、デル社のエイリアンウェアについては「簡易描画設定:3で動作確認」とあるため、「5の設定は自己判断で」ということになるのでしょう。

(難しい部分ですが、PSO2の映像表現の中で、一番負荷がかかるのが「影の設定」となります。こちらを4/5にしていると相応の負荷がかかるため、そちらを考慮した上での記述だと思います

RADEON側では影品質4/5での落ち込み具合がGeForceのそれとは同程度とはいえず、かなり苦手?なのか、処理速度が半減近くにまで落ち込んでしまうようです・・・。ゆえに「事前の情報収集などに余念のない方」のみ、選ばれるといいのでは、とするのでした)


デル社のエイリアンウェアは唯一おすすめできるのがこのモデルで、X51のプラチナモデルは「家庭用ゲーム機に似たサイズ」と、非常にコンパクト。そしてグラフィックスカードの背面に「mini HDMI」端子が用意されているため、「液晶テレビなどに映し出すことも可能になっている」のが大きなポイントです。mini HDMI-HDMI変換ケーブルを用意できれば、テレビ画面に映像が映るはずです。

(とはいえ、マウスさんやドスパラさんのモデルも「DVI-HDMI変換ケーブル」さえ用意できれば、同じことですけどね)

ですので、特殊としたのはそのあたりにあるのですが、「RADEONでも問題ない」「とにかく小型でスタイリッシュなものがほしい」のであれば、価格は若干高めですが、選択の余地はあるのかなと感じます。


お友達のエターナル・フレイムさんに紹介したのは、上記マウスさんのモデルです。当初の予算は10万円と話されていたのですが、ちょっとがんばってこちらにしてみては、とおすすめした結果「大満足~!」だったそうですd('-'*)

なお、カスタムアンチエイリアシングプロファイルでのおすすめは「entry/performance」あたりとなります。


★辛口コース:GTX 770クラス

・マウスさん:インテル 第4世代 CPU を搭載したハイスペックモデル NEXTGEAR i630GA4-PSO2(149,800円)

・ドスパラさん:GALLERIA XF-A Windows7/8.1 モデル(ガレリア XF-A)(149,980円(込))

・デルさん:ALIENWARE Aurora ALX プレミアム(229,800円)


マウスさんはバナーからそのまま、ドスパラさんの場合は画面左側をご覧になり、商品カテゴリーから「GeForce搭載ゲーミングPC・ゲームパソコン」に切り換えていただくことで、全商品が現れるようになります。後はその画面の「スペックで絞り込む>グラフィック」で、好みの名前を選べば、それに準じたものが列挙される、といった仕組みです。

このモデルはGTX760よりは一回りスペックアップしており、PSO2に限らず海外の最新タイトルなども快適に楽しみたい、という方が選ばれるといいと思います。ですが、ここまで出せるのであれば、後一押しの次のモデルが「体感できる差」を生み出してくれることでしょう。

デルさんだけは価格が別格ですが、同社の最上位ブランド「Alienware Aurora(オーロラ)」に属するためです。リンクのたどり方も前回と同じように、画面上部のタブにある「デスクトップパソコン」をクリック、画面が変わりましたら右側に注目するとオーロラの文字が右側に見えるはずですので、そちらの製品詳細を押せばたどり着けるはずです。

ただ、お世辞にも価格対性能比(コストパフォーマンス)が今ひとつな感じがぬぐえませんので、「独特の外観」や「強力な冷却性能(水冷搭載)」を重視される方に向いているのかなと感じます。

カスタムアンチエイリアシングプロファイルでのおすすめは「entry/performance/extreme_light」あたりとなります。


★大辛コース:GTX780クラス

・マウスさん:グラフィックスに GeForce GTX780 を採用したハイスペックモデル NEXTGEAR i630GA4-SP-PSO2(169,800円)

・ドスパラさん:GALLERIA XG-M Windows8.1 モデル(ガレリア XG-M)(169,980円(込))
またはGALLERIA XG-A Windows8.1 モデル(ガレリア XG-A)(179,980円)

・デルさん:ALIENWARE Aurora ALX プラチナ(259,800円)


「GTX 780」というグラフィックスカードなのですが、最後にあげるモデルの中に「GTX TITAN」という、別格の存在がありますけど、そちらの厳しい選別から惜しくももれてしまったチップが採用されています。

ただし、TITANなるものはグラフィックスカード単体で10万円以上もするという、破格の存在ですから。そのおこぼれ品といえど性能は侮るなかれ、ほぼ最高性能に近いものをたたき出すのです。ゆえ、辛口コースを目指されるくらいなら、少々高くなりますけどここまで背伸びしていただけたらなあと思います。明らかに「別格の存在」に昇華しているのです。

そのおかげもあって、カスタムアンチエイリアシングプロファイルはほぼ全部トライできるほどのスペックを誇ります。写真撮影だけきれいに・・・ではなく、「常時きれいなまま遊びたい」という贅沢な悩みにも応えてくれることでしょう。

(ですが、最高設定となるCombined(コンバインド)プロファイルを「処理落ちなく動かしたい」には、まだ無理がありますので・・・今後新しいカードが出たときに、「載せ替えができる」ことに期待しておきましょうか('-'*))


☆激辛コース:GTX 780Ti/TITAN/TITAN Blackクラス(現状最高峰ランク)

・マウスさん:シングル最速!! GTX780Ti搭載ハイエンドモデル!! NEXTGEAR-MICRO im540PA5(179,800円)

・ドスパラさん:GALLERIA TITAN BK ZX Windows8.1 モデル(ガレリア タイタン BK ZX)(309,980円(込))


こちらはPSO2推奨パソコンの枠から外れてしまいますので、たどり方ですが・・・ドスパラさんの場合は先ほど述べたとおり、GeForce搭載ゲーミングPC・ゲームパソコンから探してみてください。

マウスさんは画面上部のロゴが並ぶところで「ゲーム推奨パソコン」が赤色になっていると思いますが、こちらで左から2番目の「デスクトップパソコン」をクリック。画面が変わりますので、少し下げればすぐに「シングルグラフィックスの最高峰!GTX780Ti」とボタンが見えるはずです。

ドスパラさんのがやや高めになっている理由として、「TITAN Black」なる、現在販売されているグラフィックスカードの中では最高峰のものを採用しているのが大きな理由です。その価格、カード1枚で13万円以上といえば把握できますか? なんとそのカード1枚で、最初に取り上げた「GTX 760搭載パソコン1台分」ものお値段もするというわけなのです(汗笑)。


さらに冒頭の注意書きにあげたDVDスーパーマルチドライブ、があらかじめブルーレイドライブに変えられていること、そして日々の操作を快適にする「SSD」なる高速ドライブも搭載されているので、あらゆる作業が快適に行えるようになっています。高いだけの装備が、なされているわけですね。

マウスさんのはとにかく「よいグラフィックスカード」を突き詰めた、価格重視の設定になっています。ご自身で変更したい際は「ブルーレイディスクドライブ (BDXL(TM) 書込対応) オススメ 7,900」と、画面を下げていく途中に見つかるはずですので、そちらを選ぶといいでしょう。8千円の追加でブルーレイ対応と思えば、このランクを目指している方にとって難しいことはないはずです。

どちらの会社様も、電話対応は行っているところになりますので、もしも購入を希望の際は不明な点があれば、電話もかけつつ一緒に画面を追っていけるとスムーズかと思います。がんばってくださいね。


∮ ∮ ∮

今日のお題がいわゆる「快適に楽しめるゲーム向けパソコン」となります。が、「PCゲーム」って実はパソコンにおいても「処理がかなり重たい部類に入る」作業でもあり、言い換えれば「軽快に動くゲームパソコンは、日常作業のあらゆるものにもスムーズに取りかかれる」ことを意味するのです。

ゆえ、PSU側で丹念に紹介した意味も、「PSO2のためだけ」ですとか、そのようにとらえられてしまうと視野も狭まりがちですが、「何でもオールマイティにこなせる」とイメージできれば、「XPも終わるし、せっかくだからいいものに新調しようか」という気にもさせてくれるものと思います。

きっと乗り換えたら「今までのパソコンって何で重たかったんだろう・・・」と気づかされるはずです。それくらい、本日取り上げてきた機種たちは「当時とは比較にならないくらい、処理速度が向上している」ものとなります。ぜひ一度、体験していただけたらなあと感じます。


覚悟ぉ~!PSO2、そしてパソコンゲームにおいて格段の処理速度を誇るのは「GTX 780以上」ではあるのですが、普通に、気軽に楽しむ分においてはGTX 760もあれば十分でしょう。その段違いさはエターナルさんの反応が物語っていましたので(汗笑)。少々奮発した分の見返りは、ちゃんと得られるようになっている、ということですね。

長くなりましたが、デスクトップパソコンにおいては本日の話題が参考になれば幸いです。ノートパソコンを検討の方は明日に載せますのでお待ちください。ちょうど今日、いろいろといい話題が出ましたので、おあつらえ向きなのでした。にはは。


なお、デルさんは”バイなう。ペイサマー”キャンペーンを行ってもいますので、夏のボーナス一括払いなどを検討されるときには向いているかもしれません。私が調べた限りではマウスさんとドスパラさんでは特にそのような催し物はないようでしたけど、気になる際は調べてみるといいでしょうね。


しかし・・・春のわくわくWキャンペーンの目玉?となっているダブル=カノン/リヒトですが、こんな価格で取引されるくらいですから、アイテム課金制の怖さを思い知らされますね・・・。

アイテムさんだけで1万円超えということは、これってOS本体は7千円、ってことでしょうか?(汗笑) 私としては、そちらがほしいのでした・・・_〆(. .*


『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

From : lavendy | 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/385

コメント

日付がだいぶ経ってしまった記事にコメして申し訳ありません。
PCグラボ関連の記事だったもので。。。
私は去年夏にドスパラで
PSO2推奨GTX660電源500wのPCを買ったんですが、
10月くらいから「advanced_light.nip」で影をつけてPlay、
12月にPlay中、PSO2が落ち、
画面内に緑やら紫の細かい縦じまがしばらく出続ける、
そんな症状にたびたび襲われています。
カスタムを使用した為だとは思いますけど、
ここまでダメージがでるものなんでしょうか…
最近は使ってなくてもPSO2から落とされます。
電源とグラボ買替えないとダメですよね、コレは…

From : ST-P | 2014年03月23日 03:02

ST-Pさんへ

はじめまして。おはようございますなのです('-')/
過去記事への投稿など全く問題ありませんのでお気軽にどうぞ。


・・・って、あわわわ。そ、そのようなことがおきましたか(@_@) 自己責任の上でとはいえ、問題が起きてしまったようで申し訳ございませんでした。あうぅ・・・。

ええっと・・・まず該当の症状ですが、緑や紫の縦縞、不規則にということですけど、可能性としてはグラフィックスカードの劣化、が考えられます。

具体的には「映像を出力する回路周りに不具合が生じた」か、あるいは「電気などを円滑に取り扱う 電源回路 部分に問題が発生したか」、そして一番やっかいなのが「チップ内部の一部が溶融・融解していないか」、のいずれかあたりでしょうか。

切り分け方としては、「電源ユニットがだめになっているかを確認するだけ」でしたら、普通にパソコンを使っていて、ほかの作業なりでも支障を来さないかが一つあげられます。もしも電源自体に不備が起きていれば、何を操作しても安定しないのが常だから、ですね。

縦縞が入る以外は普通に動く、でしたらグラフィックスカードが原因の可能性が高いです。しかし、昨年購入・・・ですから、経年劣化にしても、ちょっと早すぎるような気がします。いわゆるカードレベルでの粗悪品に当たっていないかどうか、も少々気がかりですが・・・。


まず、夏購入ということで一番険しい時期での導入となるのですが、室内環境としてはエアコンといった空調が効いたお部屋になりますでしょうか。あるいは、扇風機と窓を開けての自然通風ですとか。

そして、ぱそ子さんの設置位置は壁際などではなく、多少なりは風通しがあるところに置かれているかも一つ気になります。これが設置周りでの確認ポイントです。

ざっくりいってしまいますと、GTX660+500W電源の組み合わせには・・・う~ん、少々厳しいかもしれませんね(@_@) 動かせないことはないのですが、ほぼ常時フル稼働状態になっているかと思われ、排熱処理などが適切に行えていたかどうかが気になる部分です。

熱がたまり続けて、基板回路並びにその上に実装される部品にダメージが出てしまったと。ゆえ、上記を取り上げました。こちらの組み合わせでしたら、推奨はperformanceのみ、が望ましいところです・・・。

(アンビエントオクルージョンは最近市民権を得ている?ような錯覚といいましょうか、風潮があるようですけど、これ、かなり負荷がかかる処理ですからね(@_@) 670でも厳しいくらいで、680でようやく軽めのものを・・・といったところだとは思います。

そもそものアンチエイリアシング自体がPSO2では苦手なのか、かなり重ためなのです・・・)


本来であればゲーミンググレードのぱそ子さんであれば、電源ユニットや筐体(ケース)、グラフィックスカードなどもそれに見合ったもので構成されるはずですが、660でadvance_lightにAOは・・・さすがに荷が重たいかもしれません。それでも、「しっかりとしたパソコン」であれば、たとえ常時100%負荷の状態であっても、正常動作するようにして検品・出荷するのが基本ですからね。

(ただ、オンラインゲームというものは熱中し出すと長時間遊び続けることが多いため、お店側のノウハウがどれだけ蓄積されているかも注目点とはいえましょうか・・・)

後のポイントとしては、プロファイルを用いられていたようですけど、ウィンドウモードでご利用になっていたかどうか、ですね。最近のお題でも記していることなのですが、ウィンドウモードではグラフィックスカードの抑制モード(=Vsyncと呼ばれる機能)が働きませんので、常にフルパワー動作となります。今は冬場ですから問題ないはずなのですけど・・・チップレベルに問題がある可能性も否定はできませんからね。


朝からショッキングではありますけど、こちらもそういたしましたら、プロファイル、全面的に見直しを図りたいと思います。再発防止策を練らないと、ですしね。

ひとまず、下記をご確認いただけますでしょうか。

1:フルスクリーンモードで動かしていましたか?
2:PSO2以外の操作には影響は出ていませんか?
3:縦縞模様はPSO2プレイ時にだけ現れるのでしょうか?
4:パソコンの周辺には障害物などはありませんか?
5:夏場は冷房などはかかっていましたでしょうか?

From : らべ | 2014年03月23日 06:18

返答ありがとうございます。

やはりというか、GTX660+電源500wに影つけまでは荷が重かったですね・・・
ドスパラさんGTX760も基本500wで足りるって言ってきますけど、
さすがにそれは無理だろ…

1:フルスクリーンモードで動かしていましたか?

ごめんなさい、WikiをみながらPlayしてることが多いので
ウィンドウモードでした。

2:PSO2以外の操作には影響は出ていませんか?

一番最初PSO2が落ちた時は、その後もニコ動を見るだけでFireFoxがおちたりしましたが、
最近は落ちるまではいきません、縞々がでるくらいです。
ただFoxは表示不良、読み込み不良が多くなった気がします。

3:縦縞模様はPSO2プレイ時にだけ現れるのでしょうか?

PSO2Play中は色味などに若干の違和感を覚えた途端に、
画面がとまり問答無用で落とされます。
その後、画面のそこかしこに細かい縞々がでてきます。
で、先程確認のために起動しましたら、
キャラ(ポリゴン)の変形なども出ていました。

4:パソコンの周辺には障害物などはありませんか?

側面にはないですが、机が狭いので背面は10㎝ほどで壁になってしまいます。

5:夏場は冷房などはかかっていましたでしょうか?

部屋にはクーラー無いので窓開け扇風機でした。

プロファイルなどの見直しは、いいんじゃないでしょうか。
全体的にみたらカスタム使うか使わないかなので
軽くなったらなったで、さらに上の画質を!ってなるでしょうし…
たばこの注意書きみたいに、
「カスタム使用はあなたのPCに、グラボ劣化などの…」
とか自己責任だからね!と書いてあればOKでしょう。
私自身、調子にのって裏メニューに足を突っ込んでしまった自己責任ですから。

グラボが逝きかけてる訳で760~780にしたいなとおもいますが、
電源500wじゃキツいですよね…
760にして電源強化かな…

From : ST-P | 2014年03月23日 13:20

素早いお返事、ありがとうございます。珍しく3連休なので、今回答できるのです。

そうですか・・・イメージ通りですね。どうやらPSO2のみ問題が出ていることから、おっしゃるグラフィックスカードに影響が出ている可能性があります。

通常縞模様、色相変化などであれば「ビデオメモリチップの不良(熱でのダメージ/よほどのことがない限りないのですが)」あたりになるのですが、ポリゴン変形などもあることから、憶測ではありますけど「ビデオチップ=GPUの一部溶融」がおきてしまっている可能性も否定できません。

設置環境などを鑑みましても、おおよそ推測通りではありますけど(背面10cmはやや厳しいところではありますが、通常メーカー検品であれば20cm程度で実施することが多いものと思われるため、直接それが原因・・・とは今回の情報だけでは判断は難しいところになります)、

おっしゃるようにハイクオリティーフォルダの中身は「x70番台以降」の上位ハイエンドカードを想定した内容なので、それ未満のクラスのカードは「撮影時限定」などの、ごく一時での利用などをお勧めする次第です。

いえいえ、本来であればウィンドウモードでも問題なく遊べるようになっているのが正しい姿のはずです。こればかりはPSO2クライアントの未完成さを嘆くしかありません。承知しました、FPS制限なども含め、免責事項を徹底して記載いたしますね。それはちょうど考えていたところでしたので、その矢先にこのような事例が舞い込んでくるとは・・・正直びっくりでしたのです。


インスペなどと簡単に略される方に限って、こういったソフトウェアの恐ろしさ、怖さを把握できていない方が多数と思われ(なおかつ同梱のテキストファイルでさえ読まれる方は皆無でしょう(汗))、「綺麗にする代償」が何であるかをわきまえていないと、最悪故障に近づいてしまう・・・ことだけは、覚えておきたいものですね。

そうですね、アドバンスド・ライトにアンビエントオクルージョン、いわば私の環境を踏襲したいのでしたら、GTX 780+750W電源あたりがおすすめでしょうか。ただしグラフィックスカードがやや高めですので、優先順位はもちろん 電源>グラフィックスカード ですよ。にはは。おすすめは、オウルテックさんが取り扱うSeasonic社製電源あたりでしょうか。同社の品質はお墨付きです(新品交換保証もありますよ)。私はそちらのSS-1000XPを使用しています。


ええ、プロファイルはあれから可能な限り、こちらで今検証しましたので、水曜日の巨人コラボの時に全部アップデートをかけます。免責などについても、今回の件を鑑みて、工夫したいと思います。

(記載したことに責任云々をほかの紹介していただくサイトにもお願いしたいのは、こういった部分があるからなのですよね。でも、把握できている人はほとんどいらっしゃらないことでしょう・・・)

多少 知らぬが仏 の要素が入りますけど、実際にはほとんど影響しないと思われます。負荷率は相応に下げられますので、そちらを利用していただきたいなと考えます。

詳細は、水曜日にあげますね。このたびはご不便をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした。

From : らべ | 2014年03月23日 13:47

PSO2以外、それなりに動いてるからまだいいかな?
とか思ってましたけど、
やはり早急に買い替えをしないとヤバそうですね。

PSUの時からカスタムAAは使ってましたけど、
過度のAA掛けは処理が重くなる程度と甘く見てた1人です。
ここまで直接ダメージがくるとは…
Play中は重くもならず普通にできてたから尚怖いです。
PSO2フレにも注意をしとかないといけませんね。

連休の中、お騒がせしました。
PCが動いてるうちにネットでパーツをしてきます。

From : ST-P | 2014年03月23日 18:40

消費電力が上がることの真の恐ろしさは「GPUに電力を供給する、VRM周りの電源回路に常時ストレスを与え続ける」ことになり、言い換えれば「24時間ずっとベンチマークを最大負荷状態でぶん回し続ける」といったようなことにもなりかねません。

(車などでいうところの、レッドゾーン=高回転域でずっとガソリンが切れるまでふかしっぱなし・・・といったイメージでしょうか)

そのため、作りのいいビデオカードは冷却機構などもさることながら、真の実力の差は「電源回路がどれだけ丁寧に作られているか」にかかっています。価格の高いカードは、このあたりに贅沢にコストをかけているものなのです。

たとえば、こちらですとか。あるいは、こちらも特集でわかりやすいかもしれませんね。RADEONになりますがこんなものまであったりします。


あはは・・・、どうしても、イレギュラーといいましょうか、定格動作から離れての紹介となりますので、できれば「最初のうちはモニタリングソフトで一定の遷移状態を把握すること」をおすすめしたいのですよね。

このプロファイルを使えば、温度がおおよそ何度くらい、GPU使用率x%程度etcetc...。文字だけ並べると大変そうですが、実はInspectorで簡単にモニタリングできちゃうんですよね。ウィンドウモードならなおのこと。

そのあたりも踏まえ、使い方講座は近いうちに、覚え書きとともにあげたいと思いますので、少々お待ちいただければ・・・(いつもこの言葉ばかりですみません(@_@))。


あら、PSUからご存じだったのですね。すごいのです('-'*) やっぱりあれをやっていると、戻れなくなっちゃいますよね。そう、「動かすだけ」なら気づかないのですよ。

「お、意外と動いている、すごいじゃん自分のパソコン」と、なりがちなのですが・・・裏側にはこんなことも潜んでいる・・・と。窮地に陥って初めて気づく、のですが、時すでに遅しで。

ドスパラさんの店員さんも、見積もり甘いですねえ(汗)。760は少なくとも、500Wはギリギリラインで、余裕を持つならやはり700W以上はほしいところです。目安としてなのですが、「CPU100W、グラフィックスカード最大250W」とすると、合計350W~400W程度になりますよね。


PSUのパソコンの授業内にもまとめてはいるのですが、「電源ユニットは、最大出力の半分程度が、一番理想的な出力状態になっている」という部分がありまして。

ゆえに700W前後が、ハイエンドカードを利用する際の理想的な容量なのです。PSUの頃から、また一段上がっちゃいましたけど、現状それ以上には達していませんので。上位カードを使うメリットも記してはいますので、参考にしてみてください。

電源とグラフィックスカードを選定される際は、そのあたりにぜひ注目していただければなと思います。


ええ、ぜひ親しいお友達さんなどいらっしゃいましたら、「実は怖いんだぞぅ~!」と脅してあげてください(笑)。冗談です。にはは。

From : らべ | 2014年03月23日 19:40

ほほぅ。。。(勝手に読ませて頂きました。特にコメント欄を)
グラボの不調についてはこれまで当たったことがなかったのですが、コメントを見るとふだんから注意しておかないといけない問題ですね。
夏も近いですし、、、

というのも私はつい最近までgtx460を窒息ケースで運用していて、設定5にしようものなら常時80度超えだったりしたので設定2で普段は運用、そしてようやくgtx750ti(ELSAのOC無し)に換装したのです。
gtx460で設定5を維持していたらこんなことになっていたのかと思うと、温度管理が大切さが実感できました。
現在は設定5にしても窒息ケース内のグラボの温度は50度近辺をうろうろしてるぐらいになり、快適な動作を得ると共に、清音化も実現できて満足しております。
電源のへたりを考えてもベストな選択だったのかもしれないです。

今のところgtx750tiは設定5にしてもGPU使用率は50~60%程度なので、こちらを参考にしながらFXAAをかけたりAOをかけたりでそれなりに遊んでみようかと思います。

それではよいPSO2ライフを^-^ノシ

From : 通りすがり | 2014年03月25日 01:41

通りすがりさんへ

おはようございますなのです('-')/
ひいっ・・・コメント専門・・・。通なのです。

パソコン初心者さんはどうしてもスペックばかりに目がいきがちになりますが、なれてくるとそれがより「環境面性能」とでも呼ぶべき、自分の使う身の周りの状態というものを気にしていくようになると思います。


GTX 460・・・Fermiアーキテクチャのチップですね。性能の割に消費電力や発熱面で悩まされたカードになるかと存じますけど、おっしゃるとおり、GTX 750Tiは最新のMaxwell世代となっており、おそらくGDCにおいて明日のキーノートスピーチでハイエンド版の発表があるかもしれませんけど、PSO2においては一番いい選択だったのではないでしょうか。

生のテクスチャをばりばり取り扱っているであろう本作品において、データを効率よく処理するためのL2キャッシュの容量が大幅に増えた(2MB/おそらく8倍程度)ため、絶対性能自体も460よりは優れますし、なにより電源コネクタを追加しなくていい点で発熱/消費電力量の削減にも大きく寄与しているはずですから。

ELSAさんですか、いいところのカードを使っていますね。いわゆるブランド品になると思いますけど、同社の検品体制は確固たるものがあるとされていますから、その価格に見合った品質は有しているものと感じます。

そうですね、FXAAはこのあたりの価格帯・・・ロー~ミドルレンジGPUにおいて、特に有益な項目でしょうね。そのあたりもさらっと紹介はしようと思っています。


・・・本当はこんなに簡単に設定できるプロファイルのみ、の話で済まされるほど、グラフィックスカードって簡単なものではないのですよね。ましてや、PSO2に触れるまで、そんな存在さえ知らなかった、という方も大勢いらっしゃることでしょうし。

そういった方々に、どのようにしてわかりやすく、案内なり説明なりできればいいのかな・・・と悩むところではありますね。

でも、不変の事実は「私なりに伝えられることを、精一杯伝える」。それだけなのでした。にはは。

From : らべ | 2014年03月25日 09:00

初めまして。PSO2仲間よりこのサイトを紹介されてこちらへやって参りました。

というのが、XP終了に合わせ、PCを新調したのですがこちらがどうにも動作が重い・・・というよりまるでスペック自体が足りていないかのような感じになってしまっています。
買ったのは

搭載CPU CPU インテル Core i7-4770 プロセッサー(3.40GHz
グラフィックボート NVIDIA GeForce GTX770

となっており、いわゆるソフマップオリジナルパソコンなのですが、後に調べれば調べるほどスペックが足りていない訳ではなさそうで非常に困惑しております(ベンチマークでは標準の3でも1000以下。調べた所だと、同様のグラボで万単位を出していた模様・・・)
買って一週間も経っておらず、常駐ソフトなどで重くなっている感じでもなく、グラボのバージョンを変えたりなどしてみても結果は変わらず。

こちらの記事を見たところでも、スペックが足りているグラボのようだったので、ほかに原因があるとしたら何かあるのだろうかと思い、書き込ませていただきました。

あまり関係のある事では無いかも知れませんが、お聞きしてみたい次第です。

From : R | 2014年03月29日 13:24

Rさんへ

はじめまして、こんにちわなのです('-')/
お友達さんからの口コミということで恐れ入ります。

あらら・・・。いえ、これはもう上物といっていいほどのスペックになっていますよ(@_@) ほぼ上位構成といえる内容のはずですが、今確認をされているのはPSO2ベンチマーク、ということでいいでしょうか?~? 現在ですと、Ver.2になってはいると思うのですが・・・。

おっしゃるとおり、設定にもよりますけど通常GTX x70以上であれば万単位でのスコアは拝めるはずで、それが1000前後というのは聞いたことがないですね。グラボのバージョンというのは、ドライバーの入れ替えなど、ということでよろしいでしょうか?


一つ押さえておきたい点なのですが、もしも本サイトで最近いろいろ記している プロファイル を用いられている場合、フルスクリーンモードでテストをすると「Vsync」なる機能が働いて、スコアを抑制するような状態となってしまいます。その際はNVIDIA Inspectorのプロファイルをいったん解除して、計測する必要があります。上限で2500程度に収束するので、もしもプロファイルを使用されている場合は 仕様です となるのですけど・・・。

ただ、ドライバーの入れ直しをすると通常この設定が全て解除されるはずなので、気になるところですが・・・。後は何かしらのカード制御ユーティリティー(MSI AfterburnerやEVGA Precision X、ASUS GPU TweakやGIGABYTE OC Guru IIなど)からFPS制御・・・Frame Rate Targetなどを有効にしていないか、などがあげられます。

(そちらを有効にするとVsyncと同じような効果が働くのですよね)

残りはべたな問題ですけど、PSO2クライアント側のFPS制限を何かしらにチェックを入れていないかどうか。ベンチマーク、でハイスコアを目指す際は「無制限」が正解となりますので。ただし、その際はパワーを余剰に消費していることだけはお忘れなく(発熱量なども上がり、ファンの騒音が聞こえるはずです)。


ソフマップさんのGTX 770搭載ぱそ子さんは購入してから特に、何かソフトなどをいろいろ入れられたりはされていませんでしょうか。あとはWindowsが7か8かあたりも少々気になります。

でも、一つ覚えておきたいのは「その構成の場合、設定5が動いて当たり前」のクラスですので、「ベンチマークスコアに惑わされず、普通にゲームを遊んで、問題がなさそうであればそれでOK」というのはあります。

とりあえずはクライアント側のFPS制限がかかっていないかを、見直してみていただけますでしょうか。

From : らべ | 2014年03月29日 15:55

度々の書き込み失礼します。

先日、書き込ませて頂いた件ですが、無事解決いたしました。

なお、原因ですがモニターをオンボードの方の端子に繋いでしまっていて、グラボのGTX770が動作していなかった為でした。

繋ぎなおしてベンチマークしてみた所、設定5でも数万の数値を出して、無事本来の性能を発揮いたしました。

ご返事いただきながら、なんともお粗末な原因で申し訳ない限りです。どうも、お騒がせいたしました。

From : R | 2014年03月30日 09:22

にはは。「あるある」系のお話ですね。気づかれて何よりです。

最近はグラフィックスカードの機能をCPUが獲得するに至り(というよりは、CPU機能が強化されるよりも、内蔵GPUが強化され続けているのです)、メインストリーム品のマザーボード側にも映像出力端子が用意されているので要注意ですね。


コンバインド版などを使われだすと今度はデュアルリンクDVIケーブルDisplayPort、などの用語が飛び交うことでしょうけど、まずは今の環境で遊び倒してみてくださいね。

またわからないことがあれば、いつでもお気軽にどうぞなのです('-')/

From : らべ | 2014年03月30日 19:26

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)