« ロマンバカマ雪 ケンランバカマ 和風茶屋制服 | メイン | 荘厳なる守護者 ~ 3月末の情報まとめ »

2013年03月31日

PSO2 キャラクリ体験版・ベンチマーク ver.2.0で確認する映像の違い with GTX690

新フィールド「龍祭壇」もお目見えなのです('-'*)


PSO2 CC ver.2.0 Demo - Setting:5(外部再生はこちら)

ファンタシースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0 | 『ファンタシースターオンライン2』公式サイト

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0

オフィシャルサイトと4Gamerさんに何気なしにあげられていた本ソフト、すでに試された方はいらっしゃいますでしょうか。唐突な発表なのかはわかりませんけど、昨年の同時期に公開されたキャラクリ体験版(Ver.1.0)からグラフィックスエンジンも改良された現行バージョンで、装いも新たにVer.2.0として配信されています。

主にVita版オープニングをイメージしたかのようなスタイリッシュなシーンで多く構成され、スピーディーなバトルが展開されていきます。場所は惑星アムドゥスキア。シーンは1~3まで用意されており、1つめのシーケンスが火山洞窟、2つめが浮遊大陸・・・とくれば、3つめは?となりますが、ここが冒頭に記しておいた新フィールド「龍祭壇」となります。新たなエネミーさんもいくつか登場し、「石」のギミックが行く手を阻むと、酒井さんブログにも取り上げられているのでした。

いよいよ明日「シンパシー2013」&「荘厳なる守護者」について

らべ参上!気合いの一閃両剣の舞い
ジャンプタリス!後ろへミラージュステップハニュさんの舞い
凜々しいのですドラさん発見いざ、勝負!

今回の体験版兼ベンチマークは前回に比べるとより多くのものを動かそうと試みるような内容になっており、相応に負荷がかかるものと思います。ただ、体験版としての扱いはVer.1.0と変わるところはなく、平均フレームレートから算出されているような気はします。

私のムービーはあまり参考にならないかもしれませんが、シングルカードで最高峰となるGeForce GTX 690を調整してスコアをとっていますので、目安程度にご覧ください。フレームレートは常時300fps以上というモンスターカードですが、やはりというか何というか、煙のエフェクトの時に160程度まで落ち込みますので、エフェクトの表現が苦手=最適化がまだまだ必要なところなのかなと感じます。

言い換えれば、120~144fpsといったハイスピードモニターをターゲットにされる方は本ムービー、なかなか見応えのあるものになるのではないでしょうか。あくまでPSO2の設定のみですので、カスタムアンチエイリアシング(AA)は除きますが・・・フレームレートジャンキーな方々は画質はこだわらないでしょうしね。

PSO2 CC ver.2.0 Demo - Setting:1(外部再生はこちら)

設定による画質の比較はオープン初期にも少々まとめましたけど、後1度は改めて紹介しておきたいかなと思います。当時に比べてエンジンも少しずつ改良は重ねられていますので。

Youtube側ではすでに3本とも紹介していますが、あちらがいわば「30fps」版となっていますので、もしもフレームレートに興味のある方は比較してみるのもいいかもしれません。本ページのものはフルフレームレート=60fpsを実現しているものとなるため、いわゆる処理落ちなしの「理想的環境」なムービーとなります。

3つに分けているのは・・・そう。簡易描画設定の1/3/5の3つで取り分けているためです。未だに前回のキャラクリ体験版の3つのムービーは参照されているようですので、こちらでも新たに3つ作っておきましたので参考にしてみてください。

設定1だけは越えられない壁がありまして・・・そう、見栄えを大きく左右する「シェーダー」が簡易になっているのがポイントです。こちらが標準にならないと、細かい部分をよりよく見せる箇所の設定が一切行えないのですよね。

加えて、テクスチャ解像度が圧縮となり、どうしてものっぺりとした映像に落ち着いてしまうのが難点。PSO2は極論、テクスチャさえいいものが乗せられていれば「PSUプラスアルファ」に十分できるため、できればテクスチャ解像度が 標準 となる、簡易描画設定は3以上にしたいところなのですよね。

心配そうなラッピーさん苦戦必至そこに現る助っ人
レンジャーさんの救援ソードで応酬キャストさんのアップ
その2なのです回復はお手の物謎の少女さん

生地の表面を細かく見せられるのがテクスチャ解像度となり(厳密にはテクスチャの「品質」だと思いますが、解像度=情報量もそれを意味しますので・・・どちらでもいいのですけど)、その生地をよりよいものにするだけでも要となる「衣装をはじめとしたオブジェクトの表面」がはっきりとするわけなのです。

難点はビデオメモリを相応に消費するため、グラフィックスカードをお持ちの方はいいのですが、そちらが搭載されておらず「CPU内蔵のグラフィックス機能」で描画しようとする場合、顕著にパフォーマンスに影響しますので・・・なかなか難しい設定箇所となります。元々はカード前提のゲームでもありますし、ね。

私としては、映像面で魅了された人なら・・・いずれはカードの追加なりを検討できればいいのかな、とは思いますけどね。「世界は、確実に変わる」のです。


PSO2のすごいところとして、SLIなるGeForceカードの複数枚差しをサポートしている点。そのおかげもあってスコアはかなりの値になっているのでは、と思います。みなさまがどのくらいの値をマークしているのかはいざ知らずですが、公式サイトでは変わらず「5000以上で快適」としていますので、まずはその値が一つの目安となるのでしょう。

上級者はいわば「目指せ10万超え!」になるのでしょうけど、目安として火山洞窟終了時点で4万前後、浮遊大陸終了手前で6万6千あたりまでいっていれば、ラストの龍祭壇がやや重ためなことを除いても10万到達は可能と思います。

現状では私のベストスコアで94900となっていますから、生のGTX 680/TITANの2枚差しで10万を突破できるのではないでしょうか。ただ、前回のGTX 690 vs TITANの話題にも記しておきましたが、PSO2は両カードにとって「軽すぎるタイトル」となるため、おそらくCPU性能が足りないとスコアが上がりきらないでしょう。たとえるなら、CPUクロックに比例する可能性が高そうですね。

いずれにしても、そこまで値が出たところでGPUを使い切ることなどありませんので(汗笑)。持てあましている人はぜひカスタムアンチエイリアシングでも試してみましょうなのです。

幽霊のように消えてしまいますここは一体・・・?静けさの中には・・・
新たなエネミーさん人型の龍族さんが乗っていますねウィンディラさんの亜種?
ドラゴン・エクスさん驚く一行負けませんっ!

今回はマイキャラさんもいろいろ走り回ったり、かっこいいアングルになったり、絵になるシーンがいろいろあると思います。設定は人それぞれになると思いますけど、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

エンジンが改良されたためか、このベンチマークだけを見る限りではそれほどエイリアスがひどく発生している印象はなく、かなりなめらかな映像にまとまっていると思います。FF14のように重厚なものとは違った、PSO2の目指す方向性がうかがえるベンチマークに仕上がっているのかな、と感じました。


94900が最高でした画質関係のオプションは後日まとめたいと思います。でも、あれこれ写真なりで説明するよりも、ご自身でOn/Offを試し、「気づかないならOffにする」ことで、軽くすることはできるものと思います。

理想はすべてOnにすることでしょうが、必ずしもそれが「ご自身の好みの絵になっているか」は別問題ですから。公式サイトの写真募集の際ですら「ブラーはOffにしましょう」的な告知もあるわけですしね。自分の目で確かめるのが一番なのです。

いずれにしましても、紹介になんだかんだで時間がかかってしまいすみませんなのです(@_@)


コメントとしては・・・せっかくver.2.0として作るくらいなのですから、物議を醸し出したfps制限であったり、保存の部分の改良や、ライティング機能も搭載してほしかったところです。時間がなかったのでしょうか・・・。

(なお、撮影時の設定はカスタムプロファイルは一切なしのPSO2標準設定のまま、簡易描画設定を5へ、画面解像度は1920*1080px、フルスクリーンモードとなります。GeForceドライバは前回紹介した314.22 WHQLを使用しています)


「『PHANTASY STAR ONLINE 2』キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0において撮影された実機動画です。」

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

From : lavendy | 00:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/204

コメント

GTX690 凄いカードですねぇ・・・。
ちょっと欲しくなってしまう・・・。

1回だけ計ってみましたが
自分の方は、670SLIでスコア68398でした。
ほかのパーツや環境もあると思いますが
凄い差ですねー。

最初、SLIは効いてるのか心配でしたけど
緑のバーのやつが上下に動いていたので
きっと大丈夫だと思います。

しかし670SLIにしてもロビー人物読み込みの一瞬の処理落ちは解消されないんですね・・・。
最初の読み込みだから仕方ないのかな?

ちなみにcombined影品質5はダメでした。
環境なんですかねぇ。

From : S | 2013年04月01日 16:51

Sさんへ

いえいえ(@_@) お財布さんがバースト+ワンモアしてしまいますので(汗笑)、悲惨な状況にならないためにも、ここはぐっとこらえることをおすすめいたします、はい・・・。

500系と600系とで大きく異なったのは、500系である程度ハードウェアで処理していた部分を600系ではソフトウェア=ドライバで制御する仕組みとしましたので、そのできばえ、完成度が大きくパフォーマンスに影響するものと思われます。

ゆえ、ベンチマークにおいては軒並みRadeon勢が有力なのは、あらゆる環境でハードウェアの基本性能が引き出せている結果だと思います。GeForceでは600系の場合、ドライバの最適化が従来以上に鍵を握るといってもいいでしょう。

ええ、SLIビジュアルインジゲーターが表示されたのであれば、ばっちりSLI動作していますよ('-'*) というよりも、シングルで6万到達はTITAN以外、考えにくいですので・・・。SLIはミドルレンジカードを2枚束ねてハイエンドにできるのが大きいですよね。

私が690を選んだ理由は単純なことですが、「環境面性能」では絶対的優位を誇るからですね。コストパフォーマンスを考えれば670/6802枚差しがいいことはわかってはいるのですが、2枚差すことで物理的なスペースがとられ、排熱処理もしっかりしなくてはならず、電源コネクタも4本つながなくてはならないetcetc...扱いにくさが私にはあわないのでした。

また、690はカード1枚に収めるため、基板自体や構成するパーツが1ランク上のものでまとめられており、チップ自体も選別品なのか、より低い電圧でも高い周波数で駆動しますので。プレミアムな1枚ということで選んでみたのでした。


はい、それこそが「クライアントの欠点」となるわけで、おそらくこればかりはもう、サーバーの仕組みそのものから見直さないと解決しそうにない問題のようにも感じられるため、多分改善されることはなさそうな気がします。

最初の読み込みでもPSUではスムーズにローディングができていましたので、クライアントの作り、サーバー構成などに依存しているのでしょうね。もっとも、細かいキャラクリのデータを読んでいることに他ならないですから、ある程度は 仕方がない と割り切る方がいいように思います。

そうでしたか。貴重な連絡、ありがとうございます。ますます謎になるCombined with 影品質5なのでした。とほほ。

From : らべ | 2013年04月01日 22:27

ク、クロスバースト、ワ、ワンモアッ

財布爆破はさておき、先日お話しした16xSが動作されてる方はコメント欄のSさんと同じく670の2wayなのですよね・・
X79環境はらべさんと同じですし、他の相違点はもうマザーの違い?か他に動作してるソフトウェアとか、ドライバ類とか・・
どちらにせよ検証の難しい領域に首を突っ込まないと原因がつかめないですね・・・

From : ヅネ | 2013年04月02日 02:29

 オハコンバンチワ、このブログでは初コメントになります。去年からドライバ設定回りを検索していて、ここにたどり着きました。毎回参考にしたり、感心したり、楽しませてもらってます。

 おかげさまで簡易シェードながら大分ましなビジュアルを構築できました。ただ、これ以上は厳しいですね…通常シェードに切り替えると鬼のように遅くなるんですよ……

 解像度を720pまで下げてクライアントとゲーム内設定をほぼ全て最低にし、GeForceドライバ設定をパフォーマンスよりに大分かたむけてはみたのですが…

 ベイゼ戦にて酷過ぎるスローモーション状態に陥りました。無理やりクリアはしましたが2度は御免ですねアレは…遅くて重くて、遅くて重くて救いは全くの『無』でしたよ………

 やはり5年目に突入した化石レベルのVAIOノートでは、GeForce9600 『M』 GT 搭載機ではもう限界ですね。元のやつの半分くらいの性能しかありませんしね。

 それとPCの仕様上、ドライバ更新はNVIDIAからソニーに提供された更新以外受け付けないので、ドライバそのものの改善は機体が古すぎて今や不可能。去年まだ M GT 対応の比較的新しいドライバをダメもとでダウンロードしてはみましたが、当然インストール画面時の判定で門前払でした。

 完っっっ全っっっに詰みました…orz

 先立つものは全く無いので、簡易シェードのままこれからもPSO2をプレイしていくことにします。こちらは1080pで各種設定をそこそこ高めてもベイゼ戦で遅くなりすぎることはありませんから…

 だたそれでも服のヒラヒラした部分や髪の房とかの挙動が、処理落ちしてるのか常時細かくビクン、ビクンって震えてるんですけどね…無操作の時に見るとホラーです。


 ああ…ハイスペックすぎる過剰マシンが欲すぃ……

From : Hyuu | 2013年04月02日 08:03

ヅネさんへ

いえいえゞ( ̄∇ ̄;) これ以上お財布さんが爆破されたら路頭に迷ってしまうのですよ(@_@) ただですら極上環境なわけですし。

そうですね・・・。なぜここでデバッグ情報をやりとりしなくてはならないのか的な場違いな空気が流れそうなので詳細はおいといて・・・、こうなってくると、もう。マザーボード以外考えられないような気がします。

グラフィックスカードにも細かい差異はあるかもしれませんが、それ以上に全体を司るマザーボードの仕組みで、だいぶ変わってきそうな印象はありますね。こちらではOSインストール直後でも化けてしまうのは確認済みですので。

GTX 680もX79にてPCIe3.0動作を見送ったのは、単純に3930KなりがPCIe2.0止まりのためという問題以前に、そのX79が3.0で動作する条件=タイミングがかなりばらつきがあるみたいで。ほとんどのマザーで統一されるべきポイントがX79ではバラバラみたいですので・・・それが災いしている可能性も否定できません。

でも、そうなりますとZ/P/H系の一般向けチップセットでも動かない部分が一体どこにあるのか?となると・・・かなりの検証が必要そうですね。

いずれにしましてもPSUでは全く起こらない問題でもあったわけで、値の不完全さも拭えませんけど、やはり私としてはクライアント側に何かしらの問題点が残されているようには思いますね。Vsyncを実装できていない時点でお察しですし・・・(@_@)


Hyuuさんへ

はじめまして('-')/ どこかで聞いたことのある挨拶なのです。

あはは(@_@) どうしてもPSO2、発表当初はパソコンゲームという宣伝もしていましたから、あまりこういった部分になれていない人たちに、どのようにしたら少しなり興味を示してもらえるのかなということで・・・自分なりにではありますけど話題にしています。

そうですねえ・・・。どうしてもシェーダーを標準にするとグラフィックスの機能をかなり要求されることになりますので・・・簡易シェーダーということはと思っていましたら、VAIOノートとありますしね。にはは。5年前の機種で動かされていらっしゃるわけで、とてもすごいことだと思います。参考になります。あの当時はまだDirectX 9.0といったら先端技術でしたからね。内蔵グラフィックス機能でよく持ちこたえさせられていると感じます。


ドライバは・・・あうう、そうですね。メーカー製は純正ドライバ以外受け付けないものが多いため、そのようなときにはメーカーさんのサポートに期待がかかるわけですが・・・ノートはXPなのでしょうか。おそらくそのあたりですと、もう来年4月でサポート切れになってしまいますから、新たな更新はWindows セキュリティーくらいしか期待できないかもしれません・・・ね。

ベイゼさんはどうにも、3D表現をしているというよりは何かしらトリッキーな処理であのような姿を創り上げていやしないかなって。ある程度パワーのあるマシンであれば、PSO2標準設定のままでしたら相応に遊べてはいました。が、上記カスタムアンチエイリアシングを適用してしまうと・・・おっしゃるとおり、GTX 680ですらfpsは一桁という悲惨な状況に陥っていました。


PSUでもお察しの部分でしたので、あ~あ・・・と思っていたものですが、昨年12月のアップデートで大幅に改善されましたので、きっと見直すべきポイントがあったのでしょう。それでもさすがにノートPCの内蔵機能で動かすのは険しいものがあると思いますので、いつかご予算ができましたらいいGPUを積んだノートを探せるといいですね。

ちょうど先日GTX 750Mなんてものも出ましたし。いずれ780Mなども出るものと思われます。後悔しないようにできればノートなら上位チップを選びたいところですね。もしも買い換えなど検討されるときはまた書き込んでいただければ、お答えできる範囲でサポートできればと思います('-'*)

(最近スペックの話題が書けていないものなので(@_@))

From : らべ | 2013年04月04日 00:49

はじめまして、PSU時代からAAかけた画面に慣れてもう無くてはならないモノになっております

PSO2も当初はゲーム内AAセッティングがある事からドライバいじらなくて良いと思ってましたが、
実際にこちらのHPや他でAAを使用しているSSを見て感動し、NVIDIA Inspectorを導入した次第であります。

つきましてはHP添付されていました設定ファイルを拝借させていただきまして、
自分でも調整しつつ様々な設定を試している所なのですが・・・
どうしてもCombined設定を使用すると画面全体が極端に暗くなり、前方一部分だけ光が差し込むようなイメージとなり、
キャラクターを移動させるとその光の差し込みも平行して移動する・・・そんな状態になります。
色々調べてみた所これはもうグラボやPC環境との相性とかそういうレベルの話であり、設定ではどうしようもないという事でしょうか。
ちなみにGTX680を使用しています。ゲーム内の影設定は色々試しましたが効果ありませんでした。

Extremeではボケ気味なのが気になり、Performanceですとジャギーが気になる・・・Combinedでどうにかと思ってはいるのですが・・・
わがままではありますが何かアドバイスいただければ幸いに存じます。

From : HYURO | 2013年04月08日 14:13

HYUROさんへ

はじめましてなのです('-')/

myuさんのところと同じく、コメントを公開するところ誤って削除してしまい(@_@) お返事は新しいところにまとめておきますね。

From : らべ | 2013年04月09日 12:05

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)