« 不正アクセスにはご注意を ~ セキュリティ対策 | メイン | 想定外が多すぎませんでしょうか »

2014年05月14日

カスタムアンチエイリアシングプロファイル 2014年5月版

お待たせしました、れっつ更新なのです('-')/


pso2_nvaa.zip(.nip) 最新版。ウイルススキャン済。解凍してご利用ください

pso2_nvaa_1404.zip(.nip) 2014年4月版。ウイルススキャン済。解凍してご利用ください

詳しい使い方などはいつものあれをどうぞ。

PSO2 カスタムアンチエイリアシングのまとめ 2014年4月号 ex.NVIDIA Inspector 1.9.7.2 BETA


ざっくりいってしまいますと、先日記した続・髪の毛に不用な線が入る症状について、あのときにはすでにできあがってはいました。

いつも思うのは・・・「なぜ影を欲する人たちが、率先して調べて情報を公開なり拡散なりしないのかな」、と。自然と広まれば、みんなそれにセットすると思いますけど・・・。それをじっと待っている人でもあります。

とはいえ、プロファイルって得体の知れないものですからね。
まずはこちらでちゃんと使えるものをセットしておこう・・・と。

前回のものでも使えるには使えるのですが、偶然通りかかったサイトさんで、がんばって前髪に線が入っていても使われていらっしゃったものなので・・・(@_@) これは何とかしないとな、と。


何度でもいいますが、「PSO2にアンビエントオクルージョンなんて、ない」「らべはさほど濃い影にこだわりは持っていない」、ので、本来この値の探求なんてしたくもないのですよね。興味もさほどありませんし。

何より、「セガさんにおける影のリファレンスって一体どういうものなのだろう?」というのがわからないので、安易に広めたくないのが根底にあります。

・・・そのあたりで、初期頃に濃い影の映像が出回ってしまったので・・・。当時の濃さが基準となりかねない勢いで、正直私としては無視したい気分です。


ですが、とりあえずプリセットが「ちゃんとした映像に収まるように」はしなければなりませんので、がんばって値は探してありますよ。

今回のドライバーは本当に困難を極めていますが、唯一、これならまだいいのでは、というものに設定しています。ただし「条件付きで使用可能」、といったものです。

カスタムAO適用例カスタムAO適用例カスタムAO適用例

140514_8.jpgこれらの映像は新たに設定した「0x000F0030」なるビットを当てていますが、このビットの欠点は「エステルームで『髪型がキャラを透過する』」ような状態となるため、正常に撮影が行えないものとなります。

実際には透過気味の映像がそのまんま、というよりはこのくらいの表現で収まるのですが・・・問題なく撮影できているとは言いがたいですので、「エステルーム撮影時は、プロファイルは切り、クライアント標準状態で臨んでください」、ということで。

その代わり、みなさんが一番気にされていた「フィールドで髪に線が入る症状」についてはクリアできるものになっていること、濃さ的には以前のものには及ばないものの、ナチュラルな印象で収められることから設定しています。

そしてもう一つの条件が「あなたがご覧になるモニター上には反映されない」というものです。言い換えれば「撮影したらアンビエントオクルージョンによる影の補正が入る」ものの、「画面そのものは普段通り」となったままです。


これが今回の悩みの種で、ほかのビット値もいろいろ探してはいますけど、「映像はOKだけど撮影がNG」「映像はNGだけど撮影はOK」みたいな、表示領域を適切に管理できていない状態が散見されています。おそらくドライバー側の不備と思われますが、詳細は不明。わかり次第、取り上げますね。

(両方OKなものが・・・線が入るといった感じですね(@_@))

それでもみなさんの需要は「撮影して、記念写真を残すこと」にあるものと考えられますから、そちらを優先して今回の値をセットしてあります。その2点が注意事項となりますので、頭の中に入れておいてくださいね。違和感はあるかも知れませんが、撮影すれば正しく影が表現されているものと思われますので、ぜひご確認を。

ご覧のようにロッティさんのストレートロングもちゃんと表現できていると思いますし、適度に影がついているさまも確かめられるでしょう。こちらでは光のアップデート後から検証は重ねていますけど、すべての環境下で正しい動作を保証するものではありませんので、その点だけはあしからずご了承ください。


AObit管理表私は3月のお題でも「PSO2クライアントがアップデートしたら、そのバージョンごとに」「かつGeForceドライバーのバージョンも」「すべて組み合わせて検証する情熱」・・・があれば、影を操ることも可能ですよね、と記しました。でも、実際に挑まれればなかなか大変なことであるのが実感できるでしょう。思ったより、時間も手間もかかることでしょうしね。

では、こんな工程表を見たらどう思いますか? 影に興味のないらべでさえ、これくらいはやっているわけなのですよ。見方の詳細までは記せませんけど、「気になることがあったら、まずは全部自分で試す」姿勢は、いつでも保ち続けていますよ。

(大学時代の卒業論文が、「誰もやったことのない=前例のないもの」だったので・・・全部自分でやるほかなかった、というのが大きかったのですけどね。それよりも、もっと前からその姿勢だったことに変わりはありません)

影が必要な方が、本来これくらいはやらなくてはならないわけで。それがまだまだなのかなとも思いますけど・・・。40種類くらいじゃないですか。アンビエントオクルージョン。

アンチエイリアシング・ビットなんて無限大に近いですよ(@_@) これくらい朝飯前だ!と思えるような人でないと、なかなか、NVIDIA Inspectorを操るのは難しいように思います。


クラッシュ回数ですらべは「可能な限り、みなさんの環境を再現する」といっているわけですけど、これくらい挑まれている方、いらっしゃいますか? ドライバーのハングアップ回数ですよ、これ(汗笑)。

32回ですが、これは途中です。今回のだけでも40回以上はコケていますね・・・。再起動もかなりやりました。PSO2クライアントのブラックアウトは何度あったことやら。OS入れ直しもしていますし・・・(’’

といった感じで、こう言ったのを 情熱 っていうんじゃないのかな、と思うわけです。単なる情熱ではなくって、「熱い情熱」。誰にも負けないくらいのもの、とでもいえばいいのでしょうか。調べる前に、まずは自分でできることを可能な限り試す。その上でどうしてもだめなら、探すことも考えて。

それでも相応のことができるようになっていれば、あとはガッツと負けない気持ちさえあれば、自分だけでも案外どうにかなってしまうものです。こちらの文章なども物語っているのではないでしょうか。この人は別格かも知れませんけど。

10年でドコモを抜けなければ腹を切るといったソフトバンク


一応、影ついているんですよ私はPSO2の腕前は、確かに全国プレイヤーさんなどの前に並ぶまででもないくらいに下手っぴさんでしょう。ですが、「PSO2が好きだ」という想いだけは、誰にも負けないと思っています。

ならば、影を欲する人たちでそれに負けないくらい盛り上げていってみてはどうでしょうか。影が嫌いな人でも、これだけやるわけなのですから・・・。


というよりも、私は争いごとが嫌いなので・・・そうするくらいなら一人で、細々遊ぶだけで満足なのですけどね。ルーサーさんとのあの戦いでも、十分納得していますし(音楽面ではほぼ完璧でしょう)。


ロッティさんもご満足?・・・と、余談が過ぎましたね。失礼しました。今後もとりあえずは「明らかに支障を来すような状態に陥った際」は、随時更新はかけますので。覚え書きは・・・あうぅ・・・。もう少しお待ちください(@_@)

一番願うのは・・・「落ち着いてほしい」ところですね。にはは。毎回変わるなんてあり得ないわけですから・・・!


でもでも!「PSO2にアンビエントオクルージョンなんて、ない」という事実だけは、絶対に見失わないでくださいね!


(本音は、こんな作業はNVIDIAさんなりセガさんなりでやってください、ということですが・・・仕方がないのです)


追記:撮影よりも「表示に影がほしい」方は、末尾を10にすれば一番濃いものが表示はされますけど・・・(線が入りやすい状態となります)。


『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

From : lavendy | 08:39

コメント

From : | 2014年05月14日 11:55

匿名さんへ

すみません、迷惑コメントに分類されてしまっていて、確認が遅くなりました。

あはは・・・。ご丁寧にありがとうございます。ありますよね、そういうところ。こちらもでは一つ貼っておきますか。ほぼ同じみたいですが枝番が異なる?ようで。

1ヶ月くらい前に探したものですが、さてはて。

http://forums.guru3d.com/showthread.php?t=387114


ですが、私は基本的に見るよりも自分で調べる人なので、どうしてもといったときに、そういうところも活用したいです。

一応、セガさん系列では0Eが有効みたいですね。

From : らべ | 2014年05月17日 17:27