« GeForce 331.82 WHQL Driverの動作確認 | メイン | アークス研修生女制服 玄 雪 静 »

2013年11月26日

スーパーハード(SH)のサンプル・海岸エリア ~ vs.タガミカヅチ

その3、超時空エネミーさんとの対峙です。


お人形さん5個はつらいのでした(外部再生はこちら)

ややっ、あんなところに!こちらは先日につつき、「これは・・・」と思う敵さん、その3となるタガミカヅチさんです。発音しづらいですね(@_@) た「が」みか「づ」ちさんなのです。濁音の位置が絶妙・・・(微妙?)で、英語表記もこれであっているのかはいざ知らず、ヘボン式のローマ字読みならこの表記が正しいのでしょう。

帰省する前に海岸エリアのクエストをやっているとき、終盤に突如現れたのがこちらのお方なのでした。公式サイトでも10/9のアップデートで実装されており、1ヶ月少々で今度は会えるのでした。メセタンさんより運がよかった・・・の、です?~?

最初現れたときには(希望の)うわあと思っていたものの、いざ戦ってみるとすぐさま(絶望の)うわあへと早変わり(汗笑)。阿鼻叫喚に陥るまでにはさほど時間を要しないのでした。そう、それは圧倒的すぎる防御力。テクニックはほとんど無効化され、私の無強化武器/防具マグさんでは1ダメージしか出ないのです_〆(; ;*

雷珠を壊すと・・・タガミカヅチさんの後ろ姿タガミカヅチさんの前姿

あっ、闇属性が弱点だ!と思いメギドなりを放ってみるものの・・・やはり1ダメージ。もちろん状態異常などにはかかってくれなさそうな敵さんのため、どうやって有効打を与えられるのか、を考えることになります。メセタンさんみたいに隙を見せれば与えられるのかな、とか。しかしいっこうに、「そのとき」は訪れないのでした。

タガミカヅチさんの攻撃モーションはスノウ/ファングバンシーさんのそれを真似ており、旋回やひっかきのスピードなどは普段の冒険時と変わりません。・・・が、驚かされるのは空間転移能力・・・そう、ワープの術を身につけているのです。短距離ではあるものの、飛びかかってくるときに最初の動きはフェイントで、空中に姿を消します。


そして、突進してくる際にはその向きに対し雷の首輪?が一瞬見えますので、素早く回避動作をとれば避けることができます。・・・が、なにぶんこちらも初見のため、そのモーションを把握するのに20分近くかかるのでした。事前に「膨大な経験値を得ることができる」と聞いていたため、これは引き下がれないなとバトってみました。

結果的にお人形さんは5個消費することになりましたけど、倒すことはできました。弱点は、その首輪を破壊すること。ダメージが蓄積していけば外れるようになっていますので、そのときが攻撃のチャンス。だいぶ柔らかくなり、普通の敵さんと同じくらいのダメージは奪えます。

ですが、一定時間経過でまた首輪は修復されますので・・・外れたときに一斉に畳み掛けるしかないでしょう。

白昼の接戦やあっしぶしぶ買う羽目に

攻撃の種類としてはほかに、身体からの雷撃、放出系が多いようで、近くにいても、遠くにいても、食らってしまうと感電がほぼ入るのでソルアトマイザー必携でしょう。というよりも、長期戦にしてしまうとハンターさんはジリ貧に陥ってしまうかもしれません。PSUからのセオリーである短期決戦が望ましいでしょうね。

雷撃をのぞけばバンシーさんとほとんど変わらないため、まだ優しい部類といえるのかもしれません。ですが、一発一発がバンサーさん並の威力を誇るため、彼のように手数が多すぎるわけではないものの油断は禁物でしょう。このまま戦わずにキャンプシップに戻ったら消えてしまうのかどうかがわからなかったため、必死で倒すのでした。

これだけの長丁場になっていますので、彼女?の動きを観察したい人はじっくりご覧いただければと('-'*)


38分もの熱闘をかいくぐった後、撃破後の経験値はスーパーハード時、なんと139200ものポイントが得られるのでした。これはすごいのです(@_@) もしも経験値アップ100%などを使っていたらおいしいですね、かなり。そして健闘をたたえてくださったのか、赤いものがざっくざく出て。これは私の中でも初めての体験になるのでした。5個も出るなんて・・・!

☆10ユニットが3つ、7ユニットが2つで、専用のタガミカヅチ・ソールなるものが付与されていました。加えてアビリティIIIなど実用性の高い特殊能力が3~4も付与されていたりと、かなりの待遇ですね。ショップでも調べてみたら、そんな感じでした。が、遭遇率があるのかはいざ知らず、かなり安価になっていましたのです・・・。

でも、自分で手にすることができたというだけで満足です。この3点セットならヴァーダーさんの攻撃もしのぎやすくなるのかな?とかなんとか。雷耐性39%はかなりすごいと思います。

これは運営さんが 話題にせよ~ とお告げをくださったのかはいざ知らず、750円をかけた価値はとりあえずあったのかな・・・? とか。いずれにしても、強敵相手に何とか撃破できたことが、一番の収穫です。次はへましないようにがんばりますのです。

気分爽快、がんばろー!破格の経験値!満足のバトルでした

なお、この画面は例のアンビエントオクルージョンをかけているわけですけど、陰影が深く刻まれている印象ですね。ないときはどんな感じなのか、逆に気になりますけど・・・。金属的な? 水晶をイメージしたようなエネミーさんなのでしょうが、その実力はかなりのもの。

今回は偶然にもスーパーハードでしたけど、まずは顔の正面にある雷珠を壊すことからはじめていくと覚えておけばいいでしょうね。アイテムはほかにも出るのかは不明ですけど、出会った際は心して挑むといいかもしれません。少人数では結構苦戦しそうなエネミーさんだと感じました。

Youtube側には既にあげていましたが、すべてを確認されたい方はこちらをどうぞ。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

From : lavendy | 11:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/322

コメント

これは…まさしく死闘ですね。

私もタガミカヅチのエンカウント自体はしていますが、惜しいことにパーティメンバーがいるときばかりで、なかなか観察する機会がなく…
今回の動画は、そちらの意味でも貴重でした。
(あれだけ頑丈でも、本格的に攻撃力を高めた人たちが当たると、たかだか4人パーティの前に1分と持たずに退場なされてしまいます…)

ドロップアイテムに関しては、彼(彼女?)は防具のほかに、専用の武器迷彩をお持ちのご様子。
複数種あり、いずれも白を基調とした和風なデザインで統一されています。
そこそこ人気もあるようなので、ロビーあたりで他のプレイヤーの背中を観察していると、あっさり出会えるかもです(笑。

話はそれますが…
スーパートリートメントを習得されていたのですね。
あのような局面では、かなり重宝しそうです。
もう幾ばくか、SPに余裕があれば私も取るのですが、なかなか難しい問題だったりします。。。

From : 未瑞鳩 | 2013年11月26日 22:47

未瑞鳩さんへ

にはは・・・みなさんお強いですからね(@_@) ワープはとにかく首輪を見つけることさえできれば、そちらから飛び込んでくるという合図になりますので、通常視点なら問題はあまりないと思います。

あ、あはは・・・。スーパートリートメント自体は前のオルグブラン討伐の時にも紹介していたり。・・・今度のアップデートは何を血迷っているのか、謎ですけどね(ウォンドラバーズの強化)。

そうでしたか。武器迷彩は付け替えの手間もかかるだけでなくアイテム欄を余計に消費もするため、あまり使おうという気がなかったりなのですけどね(@_@) 今度チェックしておきたいと思います。

From : らべ | 2013年11月28日 22:18

おや、これは…

大変失礼しました。
リンク先の記事、冒頭のほうは見覚えがあるのですが、後半を読んだ記憶が…(汗;
拝読当時、ちょっと何かあったのかもしれません(苦笑。

ウォンドラバーズの強化、確かに色々と思うところはありますが…
いっそ、今までの効果(=デメリットの塊)とは比較にならない何かに化けたりするんじゃないか、なんて妄想をしてみたり。。

まあ、あまりおかしな能力にされても困るのですけどね。。。(Teのファン層として


P.S.今週追加の「闇のゆりかご」では、ファンジが爆発するリスクがあるだけに、スーパ―トリートメントは物凄いスキルになる余地があるようです…。

From : 未瑞鳩 | 2013年11月29日 09:42

未瑞鳩さんへ

元々、光テクニックが強化できるコースの先にスーパートリートメントが用意されていたということで、これなら狙ってみようかと取得したのですが、大当たりだったので満足しているのでした。

う~ん、というよりもウォンドラバーズの概念が変なのですよね。テクターさんなら常時ギアを高めに保ちながら戦うスキルを要求されるはずですので、あちらこそ「縛り」を与えるメリットが皆無なのが謎なのですよね。

ゆえ、このスキルを担当した人はテクターさんのことを わかってないなあ と私は評するわけですが・・・。まさか同じ人がスーパートリートメントを考案した・・・? とは思いがたく。いずれにしましても、ちゃんと遊んだ上で実装していないことが浮き彫りな感が拭えません。


運営さんがどのような位置づけでテクターさんをイメージされているのかはわかりかねますが、今時のオンラインゲーム、もはや製作者さんを上回るスキルの人たちがごまんといるのは事実のハズ。

それならば、最低限「これはあり得ないだろう」といった的外れの実装を避けるのは、制作者としての意地を見せることにもなりますので、がんばっていただきたいなと。

ウォンドラバーズはまさしく「あり得ない」が露呈した、テクターさんの存在そのものに疑問符をつけかねない、いろんな意味で問題視された要素なのでしょう。


闇のゆりかごはハードでお試しをしただけですが・・・ベイゼさん? なのではないでしょうか。ともあれ、スーパートリートメントの魅力は「状態異常攻撃が回復ソースとなる」楽しさにつきます。ぜひいろんなプレイヤーさんを助け、WIN-WINの関係を築き上げたいところですね。

From : らべ | 2013年11月30日 02:42

おや…

ご指摘の通り、×ファンジ→○ベイゼですね。
恥の上塗りな構図で申し訳ないです。

From : 未瑞鳩 | 2013年12月02日 00:25

お気になさらずなのです。

誰にでも間違いはありますのです(@_@)

From : らべ | 2013年12月03日 21:04

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)