« アブソリュートレイヤー 騎士王の甲冑 カレイドルビー | メイン | maimaiユニット/ウォパル scenery ~ エクストリームステージBGM - オリジナルサウンドトラック Vol.2の感想 »

2013年12月01日

スーパーハード(SH)のサンプル・市街地エリア ~ vs.ファルス・ヒューナル

その4、本命さん?と対決してきました。


うりくるさんありがと~('-'*)(外部再生はこちら)

(今回のお題はあくまでうりくるさんへのプレゼントなので、攻略記事ではありません。あしからずご了承ください)


バグは相変わらず直せず・・・スーパーハードはとにもかくにも「生き延びるためには、攻撃をもらわないこと」。それをいってしまったらすべてにおいてそうともいえますから、身もふたもない言葉ではありますけど・・・。

しかしながら、いくら防具を充実させたとしても敵さんの火力がかなり底上げされていますので、2、3発で昇天してしまうことには変わりありません。ゆえ、スキルを磨いて敵さんの攻撃を的確に見極め、華麗に避けられるように努力するしかありません。

今回取り上げておくのはスーパーハードでのファルス・ヒューナルさん。相手にとって不足なし、のかなりの敵さんです。HPが膨大にあり、一人で突破するのは困難を極めることでしょう。今回はうりくるさんがビンゴを手伝って~ということで、参加するのでありました。

らべは・・・裏ビンゴなどは既にあきらめている人なのです(@_@)


デコルさんと初対決事前に打ち合わせをして・・・ボスさんまで直行で行こう、というお話になりました。そう、ヒューナルさんの出る緊急クエスト、淵へと迫りしものがきていたので、お誘いを受けたわけなのです。

私はあくまで一人遊ぶときにそういったこだわりを見せているだけで、基本的にパーティープレイ時は主さんの意向に沿って遊ぶようにはしています。効率主義ではないものの、できうる範囲で応えられるようには善処しています。

今回敢えてなぜ取り上げるのか?は、うりくるさんのリクエストだったりします(汗笑)。なかなか、パーティープレイをしていると「相手はどんな画面で、動きで遊んでいるのだろう」と気になるはず。ましてや、仲間を助けるテクニック使いの方ならなおのこと。

とはいえ、うりさんはいくらかムービーご覧になっているでしょうから、あまり代わり映えはせず、すみませんなのですすが・・・(@_@) 接近視点での回復者はかなり苦労する、という一例になってはいるのかなと。


ポイントはやはり衝撃波をどうやってかいくぐっていくか、に集約されるのではないでしょうか。一発もらうと瀕死or即死、そして能力複合ダウンのインジュリー(赤いエフェクト)の状態異常に陥ってしまいますので、素早く回復できるかが鍵を握るでしょう。

そしてレスタをどのタイミングで行っていくか。仲間の動きを見極め、自分の動きを組み立てていくこと。スーパーハードのヒューナルさんはとにかく一撃が痛いだけでなく動きがとても素早いため、抜刀時の攻撃をもらっていてはHPがいくらあっても足りません。

スーパーハードで敵さんの動きが速いから、こちらも速く・・・の発想ではなく、その中で自分をどう動かし、困難を切り抜けていくのか。初代PSOのアルティメットでも、敵さんの動きは最終的にプレイヤーと同等まで引き上がり、逃げ切ることはかなわなくなっていることは覚えていらっしゃる方もいるはずです。


リーチなのですd('-'*)となれば、ちゃんと攻撃を避け、反撃の体勢を整える。この流れを身体で覚えていくしかないのですよね。力ももちろん必要なのでしょうが、それは仲間さんのやること。私がすべきことは、そのフォローに徹するのみ。ゆえに、力は必要としていないのです(=無強化であるのもそのためです)。

うりくるさんが攻撃をガンガン行っていきますから、私は注意を引くことと、回復ができるタイミングの時には適宜入れること。しかし、同期がとれていないシーンもいくらかあるため、なかなか狙い通りにいかないのが難点。

また、途中でうりさんが倒れてしまうわけですが、私は必死にレーダーだけ見続けて「おろ? 一体どこにいるのやら・・・」でうろうろしながら避けているという本末転倒の事態に(汗笑)。でも、私一人では攻撃力が圧倒的に不足するため、満足に戦うことは不可能です。


それでもムービーのように、彼の動きを把握できていれば「避けること」はできるようになるはず。接近視点はなれていないと難しいものではありますけど、ご覧のように臨場感あふれるバトルが展開されます。スピード感も倍速くらいまで引き上がります。

ので、PSO2なんてヌルいという方はぜひこの視点で、らべと同じ無強化で遊んでみましょう。マグさんもせいぜい防具くらいで、ね。まさにスーパーハードですよ~(笑)。

タガミカヅチさんみたいに「ダメージがぜんぜん通らない!」という現実を目の当たりにすると、遊び方が全然変わるというものですよ。にはは。


・・・といった感じで、いかがでしょうか? うりくるさん(@_@)


『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

From : lavendy | 01:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/325

コメント

かわいく撮ってくれてありがとぉ、客観的に見ると僕たまに変な動きしてたなw

From : ULICUL | 2013年12月01日 02:01

うりくるさんへ

いえいえ(@_@) 唐突でしたしね。後で会えたときにもっと大きめに撮影しますよ。にはは。

(あのバトルは忙しすぎて、全く撮影できないのでした_〆(; ;*)

From : らべ | 2013年12月01日 20:17

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)