« パソコンの授業 ~ 3時間目 | メイン | タルタロスカノンとマヤリープリズム »

2011年02月22日

ノス・メギド/ゾンデとレグランツ、マヤリープリズムの美味しい連携

きいさんとメンテナンス前に遊んだときのことなのですが・・・。


いつもクライマックス
瀬戸際の頭脳戦

(余談なのです)
がっかり今日はせっかくのお休みというのに、なんでいつもこのようなときにメンテナンスなのやら・・・。普通の方なら確かにお仕事、学校などでしょうから支障をきたすことはあまりないのですけどね。

そもそも先週はメンテナンス休止にしておきながら、「やっぱりやります」と急遽決定。そしてその内容に不備があった・・・ってさっぱり意味がわかりません。何をメンテナンスされているのでしょう。人数減ってこれでは言葉がありません。

このような状態で3rdアップデート、PSO2に期待なんてできるわけもなく、本当に悲しいです。「当たり前のことを、当たり前にこなす」ことが運営の役割でしょうに。パソコンの話題、伝わらなくなってしまいますよう~_〆(; ;*


それましたが、こちらのムービーは、後で紹介予定の「暗黒の衛星」。コロニー4Fから受託できるミッションですが、無印PSU(イルミナス前のことですね)では メギド天国 として恐れられた場所です。

HIVEエリアはすべて闇属性ということもあり、アゲハセンバの高属性で挑まれた方も・・・おられるのでしょうか@@ 私はお金がなかったものなので、普通に緑色のラインでいっていましたけど・・・。

先日紹介したSEEDの胎動よりも、若干は遊びやすくなっている反面、最後のブロック4についてはかえってそちらよりも難易度が高くなっています。というのも、序盤からデルジャバンさんの大量発生と、なんといってもガオゾランさん4体が順次現れる点。


ある程度遊ばれている方なら、HIVEエリアの最大の難敵はガオゾランさんといっても過言ではないことはすでにおわかりでしょう。攻撃半減の能力を持っていたり、スライド移動、なによりもフォイエの威力・燃焼率には泣かされること間違いなし。強化版のフォイエはもはやメギドと変わりません(汗笑)。

さらに性質悪いところが、「盾付き」のがおがおさんに出会ってしまうと、彼はなんと状態異常をも受け付けなくなってしまいます。つまりテクター系にとってはとても大変な事態に。

数としては通常版2匹、盾付き版2匹なので、デルジャバンさんの倒し方さえ間違えなければ4匹同時に相手することはありませんけど、ムービーの冒頭はまさにそんなシチュエーションを再現してみました。耐久力は若干異なるでしょうけど、見た方は おお~ と思われるところもあるのでは。


とても助かりました後半は、きいさんと瀬戸際の5分を収めておきました。今朝偶然会えたのでチャットなりしていたら、前回のように終了間際でラストに到着するといった感じになってしまいましたけど、裏側では内心焦りながらバトルしていました。

だって、がおさんがどんどんいろんな方向に行かれたら、戦力が分散してしまいますものね。それなら無理に近寄るですとか、同期をとるなどを考えず。きいさんのいる方向にすべてを集約させよう・・・と考えるに至ります。

そこで出てきたのが「マヤリープリズム」。知る人ぞ知るレーザーカノンのバレットですが、内容は「吹き飛ばし」を持つ唯一のバレット。命中率は46~65%までしか成長せず、あとは威力のみが増加。こちらを使って、サッカーボールのようにがおがおさんをきいさんの待つゴールネットへと放り込むのです('-'*)


見所は、カメラを随時動かして左右後方、できるだけ攻撃を有利に進められるように見回しています。あとはデルジャバンさんの撃破数をある程度イメージし、がおがおさんが2匹湧く瞬間を察知。そうすることで、ガーディアンズウィングの持久力の高さも相まって、何とかギ・バータをやり過ごすことができ、ゴールまでドリブルするのでした。

最初のところを紹介し忘れていましたね@@ 一人の場合はなかなか4匹相手はしんどいでしょうから、自動追尾するノス・メギドノス・ゾンデを利用するのです。Lv21以上まで育っていないとならないのが難点ですが、3匹まで同時に倒せるようになりますから、盾付き2匹くらいなら問題ないでしょう。あとはレグランツでごろごろと転がせばフィニッシュなのです('-')/


ベルさんは幽霊さんのため、SUVウェポンは持てない人なのですが、ごらんのようにそのようなものなんてなくても、冒険はどうにでもなってしまいますからね。その融通さが利く難易度という点では評価できるのかも。

というよりは、私の場合一緒に遊ぶ人とのバランスをとって武器なりスキルなりはチョイスします。まんねりに陥らないよう、工夫して冒険することを心がけてはいます。PSO2もこのあたりは、いろいろなバリエーションを用意してほしいですね。

今回使った見慣れないレーザーは明日取り上げますね。

From : lavendy | 15:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/505

コメント

ガオゾランを一か所に集めてレグランツとはまさに目からうろこでした。
マヤリープリズムって敵がきれいに吹っ飛ぶんですね。

動画冒頭の月見媛さんはみごととしか言いようがありません。
4体のガオゾランが一斉にコロコロ、気持ちいいですね。
わたしも早くノスゾンデを21にしよ~っと^^

From : きい | 2011年02月22日 21:33

以前の媛さんのムービーでもじっくり見ていれば、がおがおさんの動き方には規則性があること、おわかりいただけたと思います。


正面向かって右側に移動する(彼自身は左に動く)性質があるため、ゆえ、こちらも右側に平行移動していけば、いずれは壁に突き当たるのです。

そうすればもはや身動きを封じたようなものなので、テクニックが育っていればという前提はあるものの、あのようにしてテクターさんでも難なく突破できるのでした。

逆に言えば、PSUの難点はこのあたりにあるともいえるのですけどね。そのあたりは、追々記していくのですす。


テクニックの道は険しく遠いですけど、千里の道も一歩から。地道に育てていきましょう('-'*)

From : らべ | 2011年02月22日 22:39

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)