« 武器強化に思うこと ~ 後編 | メイン | パソコンの授業 ~ 3時間目 »

2011年02月18日

らべさんのジャストカウンター教室

ジャストカウンターの紹介なのですd('-'*)


じっくりみましょうd('-'*)
1/5倍速、とぉ~ってもスローモーション

JC・・・Just CounterはPSUの中でも唯一アクション性を要求される要素。なぜなら、ファンタポ2/インフィニティなら「任意ガード」ができるので、ボタンを押すことでお手軽に回避はできますが、それでも自分で的確に操作をしないとならないため敷居は高めになります。

ガードサインが合図PSUの場合はさらに上をいき、ジャストカウンターを決めるためにはまず「オートガード」を発生させないとなりません。敵さんの攻撃を自動的によける、あれですね。オートガードが発生しているときに攻撃ボタンを入力することで、これらの写真のように反撃が可能となります。右下にある攻撃の緑リングに注目すれば、発動すると大きな輪っかで表示されるのがわかるはず。ムービーでも注目してみるといいでしょう。

しかしながら、その発生条件がほとんど運任せとなっているものですから、かなりの修練を積まないと自由自在に操ることは不可能です。敵さんの攻撃を誘発し、それもオートガードが発生しないとカウンターは発動させられませんからね。

発動すればうまく反撃しますご覧の通り

発生がランダムということは、自分から任意のタイミングで発動をさせることが原理的にはできないため、「刹那の時を制するほかない」のです。ジャストカウンターはこちらの回避力と敵さんの命中力から、とある計算式によって導き出されるようですけど、つまりは回避力が高くないと発動そのものすら難しくなってしまうのですね。

それが、私の回避能力優先の原点となっているのです。


前作のPSOでも隠れたパラメーターになっていて、回避力が1050~1100程度もあると、アルティメットの森エリアなどで、ほとんどの敵さんの攻撃を「回避力だけでよけてしまう」ので、ほぼノーダメージでクリアできてしまうほどでした。普通に遊んでいると1000を超えることもほとんどないため、気づかれない方が多かったと思います。

今回もその考え方の基本的なところは受け継がれていて、回避力が高めの職業・・・アクロファイター/テクター、マスターフォース、フォルテクターの4業種あたりが比較的やりやすいといえるでしょう。

もちろん補助などを受ければほかの職業でもできますから、まずはシールドラインなりユニットなり、GASなりで回避力を高めることから道が開けます。

サンプルなのです
こちらが通常時のスピードなのです

最初のムービーがスローモーションでの撮影。再生速度は通常時の1/5となっています。じっくり見られるでしょうからご覧あれ(笑)。お顔の表情までひそかに変化しているのでした。普通にこなすには、この5倍の速度に反応できないとならないわけです。また、よく見れば当たり判定がいい加減なのもわかるでしょうけどね@@

そして、ジャストカウンターをやりやすくする秘訣は「安定した処理速度(=フレームレート)を維持できる環境を用意すること」にあったりしますので、それなりに性能のあるぱそ子さんの方でしたら、タイミングを統一しやすくなるので成功率を高めることは可能かと思います。パソコンにも左右されるわけなのですね。

つまり、操作をしている途中に処理落ちをしているようでは、見た目の動きと操作系の動きとが一致しなくなる恐れがあるため、自分では成功するタイミングで押していたとしても、正しく受け付けられない恐れがあるのです。こんなところから敷居が高い要素となっています。


2つめのものは一例として、レリクス内での戦闘でもとらえてみました。リーチの短いアル・ティッピーズ/Cですが、なれればこんな感じでカウンターバトルを展開できます。最後は媛さんで先日のディルナズンさんとやり合うときの模様を収めています。2匹がほぼ同時のタイミングで攻撃してきていますから、なれていないとすぐにKOされてしまいます@@

しかし・・・これも突き詰めていくと「カウンターが発動しているはずだのにカットされた」「発動しない!」という現象も確認でき、しっかり作り込まれていないことが浮き彫りとなるのでした・・・。


また、カウンターを決めたものの結局発動しなかった際はPP消費をやめるですとか、60フレーム(=フレームスキップ0)の時には入力受付を若干なり緩和するですとか、そういった措置が一切執られていないため、作りっぱなしの感がぬぐえない要素にもなっています。

このような細かいところを3rdアップデートで修正できるかが見物とはいえますが、たぶんやらないと思うので(汗笑)、PSO2ではこういった基本的なアクション部分は万全に仕上げてほしいです。たとえ些細な部分であったとしても、操作通りにならないという不満が出てくるようではいけないと思います。


そのほかにもカウンターバトルの様子はいくつかの内容に収めていますので、ご興味がある方はたどってみてください。カウンターを制するものはPSUを制するといっても過言ではないのです(カウンターが発動すれば、その攻撃中は無敵となるため)。

まずはクイック能力のない職業から試してみて(フォルテクターさんやファイガンナーさんなどの複合職あたり)、向いているかどうかの判断をおすすめします。クイック能力があるとそれだけ入力受付の間隔も短くなるため、よりシビアになります。


PSUの戦闘時におけるいろいろな理不尽さを埋め合わせるには、本当にジャストカウンターくらいしか救済手段がなのですよね。それ以外は中~遠距離から飛び道具で攻撃・・・しかないですので。

ゆえ、アクション好きな方はジャストカウンターの方向に遊び方が変わっていくと思います。ジャストカウンターダメージ+Lv2などをGASで取得すれば、1~2ランク上の武器と何ら遜色ないダメージをたたき出せますしね。何より、反撃をしながら華麗に動くキャラクターさんを見ると、にんまりしてしまうのでした。

難しくとらえられがちですが、難易度を下げてオートガードの発生率があがるところから、少しずつ練習をしてみるといいでしょう。目安として、トラバサミを自力で壊せるタイミングをつかめるようなら、ジャストカウンターの素質はあるかもしれません。・・・なんて。


ジャストカウンター参考例(下に行くほど難易度は上がっていきます)
 ダブルスラッシャー
 ウィングセイバー
 イグザム+
 ジャストカウンターダメージの上書き
 ヴィシック/Cの珍獣使い ~ 月見媛 vs ゴル・ドルバ軍団
 SPEED KINGとアル・ティピ/C

From : lavendy | 07:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/499

コメント

さっそくJCの動画をアップしてくださりありがとうございます。
わたしのプレイヤー記録を見ると一応ジャストカウンター回数1527、の数字はあるのですが、大きなわっかが出るのもまったくのまぐれで、どうやったからJCになったのかわかりませんでした。

もともと私の動作がのろいので、オートガードが発生してもガードしっぱなしで終わっているのかもしれませんし、パソコンの性能もきっと関係しているのだろうとは思うのですが^^;

カウンターバトル、かっこいい!あこがれます。
動画を参考にさせていただきながら、少しずつでもJCを意図的に出せるように練習したいなと思います^^

From : きい | 2011年02月19日 19:54

>きいさんへ

JCのタイミンブはかなりシビアなので、様練習なのですが、常にガードできるっていう頭でいるとやりやすいですよ
あとは、ガードの音がなった瞬間に攻撃ボタンを押すと成功しやすいです

なので、簡単な方法はないのですが、JCは常に意識しておく。これが一番成功の秘訣だと思います

From : 冬仮名 | 2011年02月19日 21:16

お二方へ

ナイスフォローなのです('-^*)
それを書いておけばよかったですね。常にできる、と仮定して挑むのが確かに一番いいのですが、そのためには回避要素の重要性を把握していないとならないため、あえて記載はしませんでした。いずれ、気づいてくれると思いますので。今時のトレンドでいうなれば、ケプラースーツやシジンなどを対象に入れられない、といったところです。

元々属性をあわせるですとか、敵さんに対して優位に立とうという気はなかったりします。武器に頼らず、腕磨きをして、どこまで通用するかを試したいだけの流浪人です。


「音で判断する」というのはすばらしい視点です。私はまさにそれで対応しているのですよね。それがゴル・ドルバ軍団相手で見て取れるかと。

液晶モニタになっていわゆる遅延問題が顕在化する中、音だけはほぼ遅延なしですからね。私の場合はそれ以外の情報は頼っていません。視力が悪いので(両方0.3程度なのです@@)、画面から情報量を多く得られているわけではありません。それゆえリアルでもかなり近寄らないと、お顔が見えない人なのです・・・。


にはは。それなら冬さんがいろいろ伝授してみてはいかがでしょうか。私はもう年寄りさんですので(よぼよぼ)。


人と違ったことをやりたいとなると、この領域はまだあまりたしなまれていないようには思います。反射の匠、などの語句で検索されるページってここくらいですからね・・・。ブログを書く方で記載されないということは、一般的ではないということでしょう。

私は私なりに、マイペースに遊びたいと思います('-'*)

From : らべ | 2011年02月19日 23:04

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)