« PSUOBBAATool Ver.1.4.38 ~ ぶりちゃんさんのソフト | メイン | SSAAとSGSSAAの微妙な違い »

2010年11月09日

ヴィシック/Cの珍獣使い ~ 月見媛 vs ゴル・ドルバ軍団

月見媛「そう、、、私は大丈夫?」
魅月「・・・・・・(目がシンドルです)」


理不尽の塊!
凄絶なるカウンター・バトル

(初心者向けとして作っていたつもりが・・・これはちょっと離れているため、普通に攻略編ということで。最初がワープ先の2匹、メインが後半の6匹です)


明日までとなりましたが、PA/経験値ボーナスのある 狂う珍獣。こちらでもう一つの山と思われるのが、ラストのブロック3にいるボスのゴル・ドルバさん。なんといっても 理不尽さ が目につく敵さんとなっており、「PSU」を物語る1匹に仕上がっていると感じます。

その巨体からは想像できないほどのダッシュをするかと思えば、混乱付きの体当たりや、こちらが攻撃中には後ずさりをしてよけたり(!)、判定があり得ないほどの頭突き、麻痺付きの衝撃波etcetc...。その上、吹き飛ばしやダウンもろくに奪えないのです。

以上のように、どうにも救いようのない内容でまとまっているため(汗笑)、一人だと相手にしたくない敵さんの筆頭候補に挙げられるでしょう@@ 筋肉だるまといえますのです。。。もっとも、あたり判定も多くてダメージを奪う楽しさもあるにはあるのですけどね。


そこで、らべさんと媛さんで遊び比べてみましたが・・・以前ジャーバさんで出演してもらいましたので、今回は媛さんにご登場願いましょうか。どのようにして組み立てたかといいますと・・・そう。彼の弱点、もとい攻略の糸口となる部分が 命中精度の低さ にあるため、こちらにつけ込むわけです。

反射の匠も何とか習得し、より高みを目指すのは・・・さすがに無理そうですが、このくらいカウンターが発生してくれるのなら、何とかアクロテクターさんになった媛さんで・・・。

ジャストカウンターを突き詰めていくと、いかに敵さんの出だしを伺えるか、状況判断ができるかといった 先読み が肝要となってきます。あまりにも「待ち」を長く見積もってしまうとタイミングを逸することもありますし、かといって先行気味に待ち構えていて出したとしても複数の敵さんから攻撃をもらってつぶされたりetcetc...。奥が深いのです。


愛用していますそちらに組み合わせたのはヴィシック/C。カジノの景品で入手可能なのですが、特徴はPA倍率にボーナスが加わり、1.2倍のダメージ量を奪える点にあります。ゆえに、ジャストアタックを決めた際と決めない際とのダメージ量が大幅に異なるため、ぜひともJAやJCは決めたいものです。ムービーでもわかることでしょう。

さらにはGASにてジャストアタックとカウンターのダメージをプラスにしていたり、ウィップのPALvをあげていると威力がぐんぐん跳ね上がります。基本攻撃力もしかりです(私はあげていませんが・・・)。おまけとして、状態異常は混乱効果も有しているため、一対多で勝負をするときには願ってもない鞭となります。

磨いてもPPしか増えず、攻撃力は低めの武器。しかしながらPAにて本領を発揮でき、ハンデ用にノーマルアタックのみで攻める・・・など、柔軟性を併せ持っています。私が鞭で本品以外にほとんど使わない理由は、このあたりにあります。最初から高い次元で完成された鞭なのです。PP切れを起こしにくいのが最大の理由でもありますけどね。アクロテクターさんはJC発動率が高いため、そちらを狙うとPP消費が激しくなりがちなのです。


くるっとまわります実際の攻め方としては、・・・運としかいいようがないですが。何とか壁際に引っかけて、できる限り1匹と戦う状況作りはしていますけど、あまりにも壁際過ぎて逃げ場がなくなり、衝撃波の嵐で麻痺ってしまったらご臨終なのです・・・。媛さんは基本持久力を+4してありますので、何とか運良く逃れられている感じです(麻痺はします)。

ムービーの見所は・・・う~ん、細かい部分になりますけど、ヴィヴィ・ダンガの2段目がJA抜けたりするシーンがあると思います。それは可能な限り狙いたいものの、ゴル・ドルバさんが頭突きをすぐに仕掛けてくるかどうかの判断で、「待ち」を残しています。入力ミスもありますが・・・(一度ミスするとその時点でジャストアタックもなくなります)。

JA狙いで待ち続けているとカウンターに間に合わなくなることもあるため、どちらがきてもいいようにしているわけですね。そのタイミングもできるだけ引き延ばして、カウンターによる無敵の時間をコントロールすることで、理不尽な攻撃を回避しているわけです。単なるカウンター、から一歩先を見据えた戦術です。


あとはカウンター中にカメラを旋回させることで、極力2匹が同時に入ってきても視界が遮られないように善処しているということでしょうか。・・・間に合っていませんが(汗笑)。普通は一人で相手するような敵さんではないと思います。カウンターに失敗すると魅月さんのような状態になるのが普通ですので・・・@@

何度も挑みたいとは思いませんけど、打撃ポイントがたくさんあり、カウンターを決めたときの爽快感は抜群な敵さんです(体当たりや衝撃波をスルーできるため)。普通に倒せるようになってきたら、こういった一般的ではない遊び方を探求されるのもいいのかもしれません。・・・私だけですか? □_ヾ( ̄∀ ̄*)

いずれにしましても、このような敵さんを放置したままPSO2に思いをはせるのは、正直つらいものがあります。私は一応、遊びの一つとしてそれを乗り越えるように工夫はしているつもりですが・・・今更修正しても、という感じはぬぐえません。次回作はこのような理不尽な点がない作り込みを、切に願います・・・。


(レンジャーさんやテクターさんなら、燃焼効果のある攻撃で燃やしてしまいましょう。HPが高いが故にスリップダメージがすばらしく高いのです。炎には炎で・・・は一見矛盾しているようですが、一番速く攻略できちゃったりします。最後の1匹だけそちらで仕留めていますが・・・なれると先ほどの鞭が速いのもわかることでしょう>ハンター系が攻撃能力は高めです)

アンドゥトロワ

From : lavendy | 12:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/376

コメント

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)