« エピソード3 デラックスパッケージの注意点とマテリアライズ ヴィジョンのムービー | メイン | GeForce 347.25 WHQL Driverの動作確認 »

2015年01月20日

PSO2esの緊急クエストについて ~ バーン・ドラール編 - 追試

前回記事からすでに4ヶ月が経っているのですが・・・。


緊急クエスト「煉獄を纏いし龍」発生!

物申しておくべき部分は日を改めて記載しようと思いますけど、今日はとりあえず、前回酷評だったエネミー、バーン・ドラールさんについて。

きっと遊ばれた方は気づいたはずですが、9月の初回配信時に比べると「各種エネミーについてのAI、バランス調整をいたしました。」とあるように、こちらをはじめとした各種改善を月初のアップデートで行っているようで、感触としては「なかなかよくなりましたね」、と評しておきます。


相変わらずな面々もまだまだあるとしましても(エル・アーダ/ギルナス/スパルガン さんなど)、たとえばブリアーダさんは「タリスのヒットでも、ちゃんとのけぞるようになった」のは評価したいですね。

たとえ少しずつでも、このような細かい部分がちゃんと修正できるようになってくれば、お客様は必ずついてきますよ、と。

現にAndroDBさんのページでは・・・いびつな部分はあるものの、ランキングもそこそこいい位置につけられてきている感じですしね。

AndroDB - ファンタシースターオンライン2 es


pso2es 緊急クエスト バーン・ドラールそんな点を踏まえてですが、メインディッシュとなるバーン・ドラールさん。挙動がだいぶマイルドになりましたね。以前は「バッタ・ドラール」さんなんて形容がふさわしいくらいに、画面の前後を行ったり来たりとジャンプ/バックステップの繰り返しでしたが、

今回は「立ち位置によって攻撃モーションを変えてくるようになった」ため、

「頭側に張り付いていれば火炎ブレスや、頭振り上げ」
「側面・背後にいるとしっぽ振り回し」
「距離があると突進」

といったバリエーションが生まれるようになりました。わお、すばらしいのです・・・、ってンなワケないでしょうに(汗笑)。これでようやく「並のレベルに落ち着いた」といった感じで、最初の鳴り物入りのドラールさんがおかしすぎただけです。

今のが余裕、という人は初回のドラールさんを相手にしていただきたいものですね。あれは相当難儀しますから・・・。

pso2es 緊急クエスト バーン・ドラールpso2es 緊急クエスト バーン・ドラールpso2es 緊急クエスト バーン・ドラール

今回から普通の状態に加え、「小型」「大型」「凶暴」「特異」なる4つのバリエーションが増え、・・・特にやることは変わらないのですが(@_@) 中でも気をつけたいのは「凶暴」版でしょうか。

なれてくれば把握はできるものの、そうなるまでの間はストレスをためる存在となりかねません。動きが特に速いので、間に合わない攻撃手段なども出てくると思います。

そういった「無理」な部分も含め、「どの攻撃パターンに持ち込んでいくか」「自分の得意な攻撃方法は何か」といった、「戦術の組み立て」を要求される作りになっているのは、PSOの原点に立ち返らせてくれるものであり、評価できることでしょう。

言い換えれば私が「本編よりも、esの方がPSOに近いかもしれませんよ」と記しているのは、この緊急クエストを始め、道中でもそのような「取捨選択」をいろいろとしやすい作りになっているからなのですよね。

ここでは詳細を割愛しますけど、一つ例を挙げれば「チップは5つまでしか載せられない」・・・が、ヒントかなって。


pso2es 緊急クエスト バーン・ドラールどうしてもPSO2は仕組みが複雑なので、あれこれ試す前に「もういいや」となってしまいがちなのですが、esはそのあたりがシンプルにできているため、自分に合う/合わない職業や武器の見極めもつけやすいと思います。

操作系も簡単なため、一つの職を極めたら、じゃあ次何かやってみようか、と新しいものに着手し・・・。そこで意外な事実などを知ってしまえば、今度はその職にはまり出す・・・。といった、いいスパイラルができるようになっていると感じます。

ただし、これはあくまで「本編と連動させている人が、(そのおもしろみに)すぐに到達しやすいメリットがあるから」であり、es専門で遊ぶにはかなり苦しい部分がたくさんあることは指摘しておかないとならないでしょう。不便な部分もありますしね。


それはさておき、このような評価になったのも、本緊急、開幕直後ですぐにクローズしちゃったのですよね。その理由が「『バーン・ドラール』のHPが非常に高い値のため、想定より難易度が高い状態となっておりました」とあるように、

pso2es 緊急クエスト バーン・ドラール推測ですがきっと新登場のサガさんのチップ効果を見込んでの設定にされていたのでしょう、と。ご覧のように開幕直後は、阿鼻叫喚とでもいいましょうか。救援が山のように舞い込んでいましたね・・・。

つまり、消化できていないことの表れです。てっきりモーションが直っていないのかしら、と思っていましたが、それだけではなかったのです。

こんな様子を静観すると「ああ、また調整失敗しちゃったんですね・・・」と、すぐにわかってしまうのでした。esは本当に「手探りで作っている感」が、すぐに伝わってくるのです。

もっとも、彼らがテストプレイできていない、またはテスト環境がぶっ飛びすぎているだけと想像できるのは日常茶飯事(いつものこと)ではあるのですが。


それでも、早めに修正をして再解放>どうやら 楽しさ が伝わったようで人気になり、満員御礼状態>サーバーが過負荷に陥り一時停止中・・・と。このあたりも毎月のように起こっているので、もう何も驚きません。

「見込みが甘い」のは、PSUから何も変わらないのでした。


いずれにしても「調整一つで、こうも浮き沈みが激しいくらい、ダイレクトに反応が返ってくる」のがesのおもしろいところではないでしょうか。何だか、上記レーダーの理由なども、es独自のアイテムさんがかなり性能いいらしく? 火がついているようですけどね。

いわば「アイテムに釣られて」いる節はあるものの、「ゲームそのものが一定基準を満たしてもいなければ、遊ばれることもないでしょう」ということで、

OP回復薬のことを「薬漬け」だなんて、あまりよろしくない言葉まで出てきているようですけど(@_@) それらも含め「ネタにされる」ということは、おおむね評価を得られたという証ではないでしょうか。


バーン・ドラールさん、追試。いい感じだったと思います。
戦い方などについては追々、記せたらいいなということで・・・。

(私は今のところ、フォース/テクターさんしか遊んでいないのでした)


『PHANTASY STAR ONLINE 2 es』公式サイト
http://pso2es.jp/

From : lavendy | 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/525

コメント

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)