« メディアブリーフィング(発表会)は26日午後3時 | メイン | 究極のキャラクタークリエイト »

2011年07月26日

ブリーフィング=体験会は盛況・・・です?

ついに一部の詳細が明らかに・・・!


【画像追加】「ファンタシースターオンライン2」αテストの実施は8月に。ゲーム概要や世界観,究極のキャラメイクの詳細などが明らかにされた,メディアブリーフィングの速報レポート

先ほど帰ってきましたけど、ついに公開されたみたいですね。おなじみ?の4Gamerさんにて詳細が記されていました。3部にもわたるあたりから、相応な情報公開があったものと思われます。実際に読んでみると・・・わお。すごいのです@@ 結構野心的といいましょうか、スケールアップの幅が大きいように感じられます。

その中でも一番大きいであろうと思われるキャラクタークリエイトを筆頭に、おなじみの職業=今作から クラス へと改名、種族、性別、そしてPSO/PSUの系譜を汲むバトルシステム、操作系やUIの状態など、多数のスクリーンショットからうかがえるのではないでしょうか。


いきなり冒頭の写真から わお・・・ と驚かされるわけですが、酒井さんのお名前がでかでかと載っていたり、「ネットワークゲームに革命を起こす!」などの、これまた「すべてのRPGを過去にする」というPSUばりの勢いの良さを感じることができます(汗笑)。酒井さんがプロデューサーさんになってから、このようなスタンスになってきたのでしょうか(ぽむ)。

αテストはご存じの通り、5/20で締め切られ、6/24で当選者発表。現在は応募不可になっていますが、いよいよそのテストは来月実施が決まり、9月には東京ゲームショウ(TGS)にてプレイアブル出展がなされるのだとか。最近は据置型ゲーム機が元気ないので、これは大きな見せ場になりそうな予感もします。パソコンが、5年前に比べたらだいぶ浸透したデバイスになってきましたからね。


『プレイヤーは全宇宙を旅する船団「オラクル」の惑星調査隊「アークス」の一員となり、さまざまな惑星を調査していくことになる。』


とのくだりからいろいろ記されていますが、詳しいことはそちらをご覧ください。豊富なスクリーンショットを眺めるだけでも飽きないと思います。なるほど、だからもったいぶっていたのかな、って。想像を超えるスケールアップぶりに素直に驚きました。もちろんまだ不透明なところも多かったり、今までの運営姿勢なども鑑みると素直に喜べないのも事実ですが、そのビハインドを払拭するだけの内容は提示できているのでは、と感じました。


【新武器2種の使用感を追加】「ファンタシースターオンライン2」をメディア体験会でいち早くプレイ。ジャンプアクションや,マルチパーティエリアの導入など,数々の新規要素を確認した

一番気になっていた操作系ですが、さすがPSO/PSUの流れを受け継ぎ、コントローラーでの操作も重視しているのだとか。普通、パソコンゲームはマウス+キーボードというスタイルで遊ばれる方も多いみたいですけど、私は普通にコントローラーを使っています。さすがに、WASDキーでの操作はなれないものなので・・・。

そしてオフレコですが、セガさんもこのページでXbox360コントローラーの詳解部分は読まれていたみたいですから、操作系に重きを置いているのはあるのでしょうね。何せ、Xbox360版を遊んだ人がパソコン版へと移行されると、そちらで培った操作がそのままでは行えないという事態になってしまっていますからね@@ このあたりも反省点としてがんばっているのでしょう。


文章だけでも「重さが伝わってくる印象だった」という表現があるあたり、相当モーションなりにもこだわっているのでしょうね。後はこれに「音」の重厚感なりも載せられればばっちりでしょう。このあたりはαテストで確かめてきたいと思います。

今回はレベル制が廃止され、その分キャラクターに設定した職業=クラスのレベルのみを上げていき、育ってくると必殺技=フォトンアーツ(PA)がいろいろと解放されていく・・・ような感じです。どの程度育つとこんなスキルが取得できるといった一覧表もあるみたいですけど、見た感じいろいろありそうです。派生していく様子も見えますから、何か育て方によっては特殊なPAなりをゲットできる・・・ということもあるのでしょうか。

ジャンプアクションに回避動作なども軽快感があるようで、やっぱり基本はマリオさんみたいな「触っていて楽しいモーション=アクション」がまずはないと、ですしね。『打てば響く』の文字どおり、快適さがあるかがポイントでしょう。オンラインゲームは長くつきあっていきやすい性質のものですから、土台はしっかりさせておかないとなりません。本日遊べた方々はきっと、その進化の一端を垣間見られたのでしょうね。


今回はゲームキューブ版と同じような感じで、左下の十字キーにもいろいろな操作系が割り当てられているみたいで、覚えるまで、なれるまでが大変そうですが、言い換えればそれだけいろんな動作をとることができる証でもありますから、PSUでボタン連打単調、と嘆いておられた方にはいい発表となったでしょうね。私もその一人なので(汗笑)。

キャラクタークリエイトについては明日にでも取り上げてみます。本当、スクリーンショット、記事が大量すぎてまだ読めていません・・・・。


追記:公式サイトもリニューアルしているので、興味ある方はどうぞ。
http://pso2.jp/

From : lavendy | 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/7

コメント

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)