« GeForce 344.65 WHQL Driverの動作確認 | メイン | 合言葉は『オラたろう』 ~ PSO2放送局26回 »

2014年11月12日

マイクロソフト月例アップデート(11月の更新プログラム)更新のお話

今月も緊急を要するものが多数含まれています。


MSが11月の月例パッチ公開、OLEのゼロデイ脆弱性やIEの修正など計14件

2014 年 11 月のセキュリティ情報 (月例) - MS14-064 ~ MS14-079

サイト引っ越しももう少しで完全に完了しそうです。今は最終確認中ですけど、ほぼアクセスは新サイトに集まるようになってきていて、一安心といったところです。それでもたまに変になることはあるのですが(@_@) コメントのお返事、再開についてはそのときにお知らせしますので、あと少しだけお待ちくださいね。

今回のマイクロソフトさんのアップデートは8月並みに警戒度が高いもので、いわゆる「パソコン乗っ取り」に対処するプログラムとなっています。OLEと呼ばれるその部分がたびたび狙われているようですので、同社も警戒レベルが高いのでしょうね。

アップデート履歴今回の要は「MS14-064/065/066」で、そのいずれもが「直ちに更新すべき」レベルとなっています。おそらく昨日ぱそ子さんを終了する際にでも、自動的にアップデートされる画面をご覧になったのではないでしょうか。まだという方は確認してみるといいかもしれません。確認方法は8月のお題を参考にしてみてください。

そして、それに付随する形でほぼ業界標準といえるWeb上での動画再生支援プラグイン・FlashPlayerもアップデートが入っています。


「Flash Player」セキュリティアップデート、18件の脆弱性を修正

リンク先となるInternet Watchさんの部分から引用しますと・・・


『修正する脆弱性の危険度は4段階で最も高い“Critical”。適用優先度は、Windows/Mac向けのFlash Playerが3段階で最も高い“Priority 1”で、Adobeではなるべく早急にアップデートを適用することを推奨している。』

『なお、「Internet Explorer 10(Windows 8)」「Internet Explorer 11(Windows 8.1)」用の「Flash Player」最新版は“Windows Update”を通じて提供される。「Google Chrome」用の最新版は同日公開された「Google Chrome」v38.0.2125.122に同梱されている。バージョンはいずれもデスクトップランタイム版と同じv15.0.0.223。』(こちらは 窓の社 さん)


とのことですので、合わせてアップデートしておくといいでしょうね。Chromeの場合は右上の三本線のアイコンからメニューを開き、「Google Chromeについて(G)」から確認できますよ。

141112_2.png人によってはよく広告などで、こちらのようなものを見かけられるかもしれませんけど・・・「惑わされないでくださいね」、がらべからの進言となります。基本的にパソコンの状態を外部から把握できる術は、それこそ「乗っ取りプログラムに憑かれている」ような状態ですので。

言い換えればこの広告は自ら「アヤしいものですよ~」といっているようなものですから(汗笑)。ご覧になったとしても、無視を決め込みましょう。あたかもMicrosoftの文字があって、信頼できるのかなと思わされがちですが。「無視無視」、なのですd('-'*)

動作が思わしくないときは、必要なデータのバックアップをとって、Windowsの再インストールするのが一番いいでしょうね。不安定になっているOSにあれこれ手を加えるよりも、一度きれいさっぱりにした方が解決速度は俄然速いはずですから。


そして・・・。本サイトをご覧の方で「高級ホテルによく寝泊まりする方」はこういったものにも気をつけておけるといいのかもしれません。


アジアの高級ホテル宿泊者を狙った「Darkhotel」攻撃、日本の被害が最多

グレード的には一泊3~10万以上といったところでしょうか。上質なサービスを希望される方へ、落とし穴、みたいな。私とは無縁の世界となるところですけど、利用者さんは事前のチェックや、当日はフロントの方などに安全な利用方法などを聞いてみるといいでしょうね。

最近のホテルは並以上のところであれば館内で利用できる無線LANあたりは解放されているところが多くなっていて、便利に利用できる反面、セキュリティ面でどうなのかな、というところは気にしておきたいところですので。

・・・とはいえ、私の場合は使えるところは使っていますけどね。あまりに疑い深くなるようでは、どこも使用することはできないと思いますので。ただ、もちろんそんなところからショッピングをバリバリ楽しむですとか、ネットバンキングに頻繁にアクセスする・・・といったことは、避けたいものですけどね。

要は「個人情報にたびたびアクセスする」ような使い方を、避けておきましょうといった感じですね。


CLANNADの公式英語化プロジェクト、ものすごい勢いで目標金額を突破

後これは自分の備忘録みたいなものにしておこうと思いますけど、有名なノベルゲームのCLANNADが、なんだか英語化プロジェクトを始めたようで・・・。最近話題のクラウドファンディングを利用したものになっているそうです。

目標額は14万ドルとなかなかの額なのですが、記載時点でもう20万ドル目前という、海外にもファンがたくさんいることの表れなのかな、と感じさせられますね。

本ゲーム、かなり文章が凝っていることもあって、「安易な英語化だけは避けたい」思いがあるようで。そのためクオリティーを高めて英語化したいそうですが、そのときに相応の規模となるようで。でも、この分なら安心できそうですね。


このあたりはあと1回だけ例の文章をまとめておこうと思っていますけど、今後のゲーム制作の仕方・あり方を問われるような内容として、いい話題なのかなと思いました。

From : lavendy | 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/501

コメント

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)