« PSO2危機一髪?! データ消去の恐れあり、要注意 | メイン | 我々は決して、後戻りはしないのです »

2013年09月06日

HDDデータ削除の件の補填対応について

発表されています・・・ね。


PC版『PSO2』アップデートにてHDD内のデータが一部削除される可能性のある不具合について

IAさんもびっくり私がよく利用しているポータルサイトは・・・マイナーなGooさんですが、そのトップページからごらんのように話題になるあたり、ゲーム系に限らず、ITメディア系の話題でおそらく昨日一番の話題になったのではないでしょうか。

タイトルが長すぎて ・・・ で伏せられているのが何ともかんともですが(汗笑)、上記文章が先日5日の午後6時に発表されたみたいですね。現在も協議中のようで、とりあえず大きく決まったのは下記2点。


・不具合の症状が発生したお客様に対しては、今回の不具合に対するお詫びとして、5000円相当の金券、もしくは10000ACを送付させていただきます。

・さらに、データの削除等により現在もお困りのお客様に対しては、個別に連絡させていただきます。


成る程。さすがに今回は事態を重く見たということですね。はい・・・思うに、今までファンタシースターオンライン系の歴史って10余年続くわけですけど、私が参加したのはゲームキューブ版の3年目以降ですが、ここまで大きな沙汰になったのはおそらく今回が初めてでしょう。

今までは笑ってごまかすことのできた事案程度であったとしても、今回の件はプレイヤー側に「現実面での直接的な、データロスト(ワイプ)の被害」を与えてしまったわけで、ソフトウェア会社としては一番あってはならない過失を犯してしまったわけです。

そして、対応としては上記の2つが骨子となり、データロストの被害に遭った人は5000円の金券、またはゲーム内通貨となるアークスキャッシュ・・・通称ACが10000円分補填、そして「データ削除が発生し 現在もお困りの方 に対しては個別に連絡」という二段構えの内容となっています。

いろんな見方があるかもしれませんけど、端的にそれらを整理されているのがITmediaさんの ねとらぼ です。こちらをご参照ください。


「PSO2」不具合ユーザーに5000円相当の金券または10000ACを配布、個別対応にも応じる姿勢

私は利用していないので つぶやき を追いかけることがかなわないわけですけど(あまり調べようという気もないものなので・・・)、キーとなるつぶやきが複数載せられており、わかりやすいなと感じます。


『5000円や1万円で済む問題なの…?』
『ここからどう信用回復していくのか見て行きたいところ。』
『買い換えに幾らかかると思うんだ 消えたデータは戻らないんだが?』
『5000円。1万AC。消えたデータと釣り合うのか?と言われると、それは大事なデータ消えた人にしか分からない。』
『誠意ってのは、お詫びだけじゃないんですよ?頭を下げるだけじゃないんですよ? 自分たちが何をやらかしたのか、その詳細とその後の対応を報告するのも、誠意です。』
『契約上では弁済しなくていいのに、これだけの対応するのはすごいな。気になるその他のユーザーへの対応がまだ時間かかるのが、歯痒いけど(^q^)』


・・・と、様々な意見が記されています。要約すると


「消えたデータは消えた人にしかその重みがわからない」=「お金で解決できる問題ではない」
「契約上では補償しないことになっているけど、個別対応を応じる姿勢は評価できる」=「最低限の対応はしていると感じる」


あたりになるかと思います。実際にデータロストの被害に遭わないとこのつらさは計り知ることができませんので、私からのコメントは差し控えますけど・・・、いえることはただ一つ。

実際に被害に遭ってしまった人には最大限の救済をしましょうということです。


つぶやきの中にもある「今後の対応」「誠意は報告の中にも存在する」といった、明日への未来を思い描けるかがキーとなりそうですけど、そのステップに進むためにもまずは目の前の困り果てたお客様に対し、誠意ある対応をすること。これが今、一番求められていることでしょう。

先日エタフレさんからお電話もいただいてしまって、症状を伺っていると・・・Photoshopのプラグインが一部破損した模様で、ソフトウェア起動中に固まるような状態に一時陥っていたそうです。が、後日Windowsを再起動した後、何とか無事に動いているとのお言葉がありました。

私としても何かお力添えができるのかな、という部分があるのだとすれば、こういったエンドユーザー向けのテクニカルサポートのお話あたりになりますけど。さすがにすべての皆様を支えるなんてことは難しいですしね(@_@)


Windowsが起動しなくなるような事象をよく 起動障害 と呼びますが、何名様かはこの被害に遭っていらっしゃるみたいですしね。先日の記事にあった痛いニュースさんの中にある黒い画面の写真、よく拝見してみるとブートローダーというよりはWindowsのシステムフォルダの中身が破損してしまったようですね。

このような状況下では普通のユーザーさんですと、セーフモードでの起動なりがわからないため、データ復旧ができないとふさぎ込んでしまう恐れもあります。また、できたとしても細かい問題が潜んでしまっている可能性があり、復旧というのは一筋縄ではいかないものです。

私もソフトウェアでRecuvaというものを取り上げはしましたけど、あちらも厳密に言えば危険な行為です。

たとえば「データ復旧を試みるためにGoogleさんで検索した」>「その結果、Googleさんのページを読み出す際にいくつかのデータを読み込み、HDDに書き込む動作が裏側で行われている」>「助かるかもしれなかったデータが、Googleさんからサイトを調べ上げた結果、上書きされて復旧不可能になってしまった」・・・ということが、初期状態では十分、起こりうるものです。

ゆえ、正しい対処法は「当該時間に起動して、データが消えてないかどうか不安な方は、(本当に大切なデータで復旧しなくてはならないような状況下の場合)『データ復旧の専門家に現状維持のまま調査を依頼する』」ことといえるでしょう。


ハードディスクは常に裏側で読み書きを逐次行われていますので、ユーザーであれこれソフトを動かしたり、検索なりしていると助かるデータも助からなくなってしまう恐れがあります。ゆえ、だいたいのエンドユーザーさんで大切なデータとなると写真やドキュメント、音楽データといったところでしょうから、

Windowsのマイドキュメントフォルダの中で、ご自身が一番必要とされる場所をご覧になって、データロストが起きていないかを調べるのが先でしょうね。万が一、ごっそりと消えているようであれば被害に遭っている可能性が高い、ということで。セガさんに直接、相談されることをおすすめいたします。

そうですね、このあたりの情報は、同じくITmediaさんに記されていますから、参考にしてみてください。


先生助けて! 猛暑でRAID・サーバーが息をしていないの

難しい言葉がたくさん並ぶ記事ですけど、一番大切なのはこの部分です。

『もっとも、いくら対策を施していてもHDD障害は起こりうる。このとき最も重要なのは「すぐに専門家へ依頼すること」と小菅氏は力説する。』

『例えば、落雷による停電でHDDに障害が発生した場合、論理的なエラーということで、PCに詳しいシステムエンジニアの方の中には自己復旧を試みる人もいるのですが、かえって症状を悪化させてしまうケースがほとんどです。

もともと、単なる論理障害であれば弊社のデータ復旧率はほぼ100%に近いのですが、お客さま自身がHDDを入れ替えたり、RAID構成を変更してしまっていることで復旧が困難になっていることがあります。

特に最悪のケースは『リビルドがかかってしまった』というもの。データの復旧を望むのであればこれは絶対にやめてください。また、熱でHDDが動かなくなった場合は、自分でデータを取り出すために無理に通電させるとチップが燃えて火災につながる危険性もゼロではありません』


・・・つまり、データ復旧はその専門家、プロに任せましょうということです。もしもロストの被害に遭っている人は、らべからのおすすめとして・・・上記ページの最終項に「データ復旧.com」(日本データテクノロジー社)があります。

こちらがほぼ国内最大手のデータ復旧センターとなります。見積もりだけなら無料で行ってもらえますよ。誠実感のあるデータ保護への取り組みや意識の高さ、姿勢はどなたが利用しても安心感を得られることでしょう。

それは無菌室レベルのデータ救出室を自社で用意していたり、官公庁といった重要機関のデータ救出を重ね続けているあたりが物語っているといえましょう。日々、お客様のデータをより高い精度で救出されるための投資、人材育成なども惜しまない優良企業さんです。


・・・成功時完全報酬制となっているので、すごいですよね。だいたい復旧費用はデータサイズにもよりますけど数万円からといった単位ですので、これを個別対応するというのはかなりすごいことだと思います(こちらに依頼されるのかはわかりませんが)。

あくまで上記はデータ復旧のプロセスに進んだ際、こういった企業さんがありますよ、ということで頭の片隅に入れておいていただけたらと。

いずれにしても、あれこれ操作すると余計に状態を悪化させてしまいかねません。
まずはセガさんに報告し、連絡し、相談することが一番肝要なのです。

専用フォームも近日中に公開するとのことですので、今後の情報に気を配っておきましょうね。


・・・・・・
・・・


そして、このような対応を見せることで懸念されるのが「よ~し、俺様も便乗して(修復)費用せしめてみせるぞ~!」というような方々。絶対にやめましょう。そのような方々には、この話題がいいお灸となるはずです。


「まさか名前まで特定されるとは」 相次ぐTwitter非常識投稿 内輪にネタ提供したつもりが…… (1/2)

「王将」で客が不適切行為の写真、ネットに 閉店も検討、損害賠償請求へ 従業員の冷蔵庫写真に謝罪も

2ちゃん情報流出 自業自得なのか…「匿名の暴言」が突きつけた闇


きつくいってしまいますが、最近よく言われている「バカッター」さん。なんでも、ツイッターを利用している人のモラル的な面で、一般常識的な部分が欠如してしまっている人を揶揄してこのような言葉が生まれたみたいですが、本当に今の世の中、1990年以降あたりにお生まれの方は「新世代」と呼ばれています。そう、インターネットが普及した世の中で、物心つく前から暮らしている方々。

このバカッターさん騒動はいわば、新世代の方が起こしている事象ともいえ、ほとんどの場合が「まさかこんなに騒動が大きくなるとは思わなかった」という、きわめて無頓着な様子がうかがえましょう。「ネットの怖さ」を、知らないのです。

彼らはいわば身内でネタを作り出し合いたいだけであって、それが周りの誰にも咎められないから、俺も、僕も、私も、と。次々にエスカレートしていってしまう。そして、限度を超えたものがこのようにやり玉に挙げられ・・・。若くして、人生を終わらせてしまってもいいのでしょうか?


古来の言葉・・・ことわざで、実に端的に表しているものがありますよね。


そう、「出る杭は打たれる」・・・。
悪しき行為は、罰されるということです。


今回のPSO2の件において当てはめると、

「当該時間(9/4 AM11:00-PM2:40)に」
「パソコン版ランチャーを起動し」
「セガさんのアップデートサーバーにアクセスされたログ=IPアドレス(以下IP)を抽出し」
「専用窓口から被害申告があった人のIP、ならびにPSO2で普段ログインされているIPの照会を実施」


といった流れが、大まかながら読めるところとなります。言い換えれば、騒動に便乗して損害賠償請求を行ったとしても、このIP照合の部分で偽りと判定されれば、それは却ってアナタに手痛いしっぺ返しが飛んでくるかもしれませんよ? ということで一つ私から警告はしておきますね。これはあくまで一例であり、その他の検索方法なども用意されているかもしれませんので。「用心するに越したことはない」、でしょう。

このプロセスを経るのであれば、申告された方のISP・・・プロバイダさんに情報照会の請求をかけたりなど、途方もない費用が発生することでしょう。そう、今回の件はとても1億円どころでは済まされないような大事になっている恐れがあります。下手すると今までの儲けがすべて吹き飛んでしまいかねないくらいの事態といえるでしょう。


じっと我慢、なのですPSO2を楽しんでいらっしゃる皆様。くれぐれも、虚偽の申請だけはなさらないように。それは言い換えれば、実際に被害に遭った人に対する非礼にも当たります。

なんだか上記まとめ系サイトを簡単に拝読する限りでは、亡くなってしまったペットさんの写真を悼む気持ちであったり、会社の重要なデータが削除され途方に暮れる方もいらっしゃったり。本当に実生活において困ってしまった人がおられるという事実は、厳然として受け止めましょう。

そして、これから一番大変になってくるのは、その前線を担うサポート窓口の方々。時間経過とともにいろんなお問い合わせが殺到してくることでしょう。しかし、ご存じのように大局的に見た場合、事故発生からまだ2日しかたっていません。そのわずか2、3日であらゆることを想定した受け答えを、現場の人間は迅速かつ正確に習得し、お電話口、またはメールサポート窓口にたたなければならないのです。

想像してみてください。あなたがもしも、その矢先にたたされたとしたら。すべてのお客様に謝罪をし、受け止めをし、共感し、提案し、ご納得いただいて次のお客様と対応できますか? クレームを何本何十本と引いて精神的に参ってしまわないかを。想像以上に大変なものですよ。


ゆえ、ネガティブ発言連発のらべと揶揄されても、それはもう昔から続いていることなので別に何もいいません。認めます。PSO2がよりよくなってほしいからこそ、記しているのです。ただ、これだけはいわせてください。


今回の件で「便乗の虚偽申請」だけは、絶対にやめてください。
余計にPSO2再興の道を閉ざす行為にしかならないということを。

また、実際に被害に遭われた方はご愁傷さまとしかいえませんけど、
窓口の方には強く当たるのではなく、どうしたらいいのでしょうか、
と一つ一つ、歩み寄るように質問を重ねましょう。

現場の方はそういう人ほど、何とか助けてあげたいと思うものです。
なぜなら、そう。・・・同じ人間ですから。


本当にPSO2が好きであるならば、今できることは再起を願いながら遊び、
問題が見つかったら適宜セガさんへ連絡をすることだと、私は思っています。


以上、PSO2を応援するものからの戯れ言でした。


追記:本当なら補填対応だけでなく、発生した経緯、原因などが提示されてしかるべきだとは思うのですけどね・・・。順序が逆になっているような気はしますけど、とりあえず姿勢を先に打ち出しておきたかったということなのでしょう。


『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

From : lavendy | 12:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/283

コメント

発表されましたね~、なんというか個人的に思ったのは「誠意がまったく感じなかったな~」今回の事件を、「不具合」とい言葉だけではすまない事態なのにその言葉だけしかなかったのが残念でありません。
システム的な問題なのか、それとも人為的だったのかどういった原因でこうなったのかっとい説明が書いてなかったのが非常に残念です。
ユーザーとしてはなにが原因だったのかがおそらく知りたいわけであってただ「不具合で~」って言葉でこの問題を終わらせてほしくないです。
今現在、まだ協議中みたいなのでここらへんんの説明があればいいなって心から願います。
長々と失礼しました(´・ω・`)

P,S 今回の件で今後の課金をやめようかなって考えも出てきましたwあとはセガさんの対応次第で考えも変わるとは思いますがねw

From : エタフレ | 2013年09月06日 14:00

らべさん、毎度おつかれさまです。


今回の『事件』では、私自身や身近な人には被害は出ませんでした。
が、ネットの世界に目を向ければ、被害者はそれなりの数がいらっしゃるようですね…。

しかし、そんな状況だからこそ、虚偽の被害申告は多数出るでしょう。
きっと多くの人にとって、「リアリティはありつつも実害はなく、被害者とその補填を行う人たちの負担は遠い世界に置き去りになってイメージがつかない」という、そういう種類の事件でしょうから。

そもそも(側面だけで見れば、)お金をばらまいて事態を収束させようとしているとも取ることのできる対応である以上、虚偽申告ゼロは絶対にありえませんしね。
(あくまで側面だけ、「一次報告がお金での補填」という点だけを見てのお話です)

だからこそ、PSO2チームをはじめとするセガの人たち、被害者となったプレイヤー、その他のすべての人たちの、考える頭、持つべき良心、誠意ある言動が求められるものだと思います。

今回の書き出しで、この件を『事件』と称したのも、私自身が出来事を、そういう重たい種類のものだと意識するためだったりします。


ともあれ、ネットゲームの世界にあっては非常に大切なはずの今のタイミングです。
ここで問題を起こしただけでも、セガさんとしては想像を絶する痛手のはず。
規模も相まって、見方によっては致命的かもしれません。
だからこそ、今後の対応は普段以上の注目が集まることでしょう。

セガさんは、どうか真摯な対応を。

プレイヤーをはじめ第三者の立場にある人は、冷静で良心を重んじた言動を。

ただただ、そう祈るばかりです。


なにより、セガさんの行動の早さと的確さが一番重要な要素なのは議論の余地もないでしょう。
セガさん、ここは、間違ってはいけない場面です。
普段のアップデート程度なら、ピントのズレた対応だって笑ってすまされている節がありますが、今回は全くの別次元なのですから。

…なんて、長文失礼いたしました(毎度のことで恐縮です)。
そもそも、セガさんに直接届く場所に、書き込むべき事柄なんですが、ね(苦笑。

あいかわらず、ファンをヤキモキさせてくれるセガさんの影響で、思わず投稿先を誤ったということにしておいてください。

From : 未瑞鳩 | 2013年09月06日 21:14

エタフレさんへ

いえいえ、いきなりでしたのでびっくりさんでしたけど・・・こういったのってパソコンサポートの窓口に電話をしても、「このゲームのことについてはゲームソフト会社さんに聞いてください」で一蹴されがちですからね(@_@) 質問の仕方から考えないとならないのは、パソコンの難しい部分だと思います。

コメントが遅くなってしまってすでに公式見解が出た後ですけど、そうですよね。どうしてもこのような不祥事を起こしてしまうと、お金を支払う気分でもなくなってしまいます。私の場合は自衛というよりは、運がよかっただけなのでしょうけど・・・大きな被害は見られませんでしたので、特に申請もしないと思います。本当に大事になってしまった人を丁寧に助けてあげてほしい。そう、願うばかりです。

今後の進展に注目ですね('-'*)


未瑞鳩さんへ

公式ブログがなかなかコメントなどをうまく出せない部分もあるでしょうから(汗笑)、こちらでコメントしたいものでしたらご自由に。いくらかは載せられていますけど、今後どうなることやら・・・。

そうですね、確かにこれは事件と称しても仕方のない事象だと思います。今までの中で一番緊急度の高い内容だと思いますから。平日お昼ということと、FF14がリニューアルするということで多少なりアップデーターの起動率が下がったと思われるときで、2万件以上ですからね。これが後6時間後ろにずれていたら・・・一体どうなっていたことか、想像できません。

確かにそうなのですよね。コメントが出る前に金銭面での補填を提示しちゃったものですから、お金ばらまいて逃げる気か、と揶揄されるのも仕方ないと思います。おっしゃるとおり、ここはもう、自分たちでPSO2をどのように見ているのか、どう接していきたいのか、で決まると思います。心底セガさんが憎い人なら、訴訟まで持って行こうなんて人もおられるのかもしれませんね。

しかし、大半はそうでないと思いますし、私一人がこんなことを記したくらいで虚偽申請がなくなるものでもないのはわかっています。それでも、今自分ができることは何なのか、と考えた場合。これくらいしか思い浮かばなくて。バカッターさん報道がどうしても目に余るものですから、注意喚起の意味でまずは記しておきました。


日頃からお詫びやら謝罪やら続けているので、酒井さんのコメント内にある信頼も失ってしまいました、というのは誰もフォローできないものと思います。ゆえに、近日公開されるフォームから舞い込んでくる情報、大変かと思いますけど一つ一つ丁寧に、対応していってほしいなと。

ピンチはチャンスに転ずるといわれたものですが、今回の件においてもそれは当てはまると思います。やっぱり人間ですから、このような危機的状況を乗り越えた後、よりいっそう強まった絆ができあがるはず。

それを、期待したいですね('-'*)

From : らべ | 2013年09月09日 00:40

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)