« 封印されし時の船旅 | メイン | PSO2 手動(カスタム)アンチエイリアシングのまとめ ex.NVIDIA Inspector 1.9.6.6 »

2012年07月29日

8月のアップデート情報とPSUの閉鎖について

中規模アップデートはいうものの、私好みのエリアっぽそうな('-'*)
そして・・・。


「ファンタシースターオンライン2」,アップデート「天翔ける結晶龍」を8月1~下旬にかけて3回にわたって実施。最新PVも公開に

「ファンタシースターオンライン2」,夏の中規模アップデートが8月中に3回に分けて実施。第1弾で追加される新規エネミーやコスチュームが公開に

すでに27日に出ている情報ですが、その日はご存じ?のようにPSUの話題をとりあえず記し。今でもご覧いただいている方はそれなりにいて、しかし、平日/休日を問わず閑古鳥が鳴いている状況で・・・。☆が一つも★にならないあたり、もう人はいていないようなものなのでしょう。

Googleさんのインクリメンタルサーチでは、PSUはほぼ不動の「psu n」だけで検索ができるようになっていて、こちらはさすがに新しいサービスゆえに激しく入れ替わっています。とはいえ、争う気なども毛頭ありませんから、後は1年、2年と経過して・・・どれだけ人が残るのか、で私のサイトも残るのかどうかが決まってきそうですね。


それましたが、8月更新分のサブタイトルは「天翔ける結晶龍」。結晶=クオーツということで、新フィールド「浮遊大陸」が追加されるみたいです。8/8だとか。以前記しておいた浮遊大陸が、まさにそれだったわけです。


『別名「龍の国」と呼ばれるこの場所は、惑星アムドゥスキアの火山洞窟やキャンプシップからも視認できる、空に浮かぶ大陸。惑星アムドゥスキアの地殻から、磁力による反作用で浮かんでいると推測されている。』


なのだとかで、あのヴォル・ドラゴンさんの別バリエーションとなる「クォーツ・ドラゴン」さんが登場! 暑い夏にクールなボスさんを、ということで見た目もひんやり、しかし実際は雷光まとう素早い動きが特徴の敵みたいです。しかし、私は未だに森を終えたばかりで、火山洞窟に入ったところなのでした・・・_〆(. .*

さすがにPSUと両立させるなんて無理もいいところです(汗笑)。とはいえ、ログイン時間はこちらが長くなっていますけどね。

新しいPVもまたかっこいい音楽が追加されたり、浮遊大陸・・・いいですね。こういった世界、好きなのです。ランダムマップは賛否両論ありますが(今洞窟で手こずっているのもそのあたりです(汗笑))、綺麗なフィールドはのんびりお散歩するだけでも私は満足しますので、音楽とともに楽しみたいところです。

その他、キャラクターコンテストのグランプリに輝いた威風堂々のミケーラさんがNPCキャラとして登場。一体どんな物語が紡がれるのか・・・。そして夏限定のロビーやスクラッチなどはPSUのなじみといえるのでしょうけど、ここではどんなイメージになるのか。期待したいですね。


そして・・・個人的には、この話題が一番びっくりさんなのでした。


永野 護さんが「ファンタシースターオンライン2」での“FSSロビー”活動を告知

なんと、以前取り上げたファイブスター物語(FSS)でおなじみの永野 護(ながの まもる)さんが、PSO2で活動を再開されているみたいです。DC版で活動されて以来のことなのだとか。

場所はShip04-Block28とのことで、Ship04の方は遊びに行ってみてはいかがでしょうか。FSSを知っている人なら(そうでない方でも?)より楽しめるのかもしれません('-'*)

私は・・・その昔に「電子ブック」なる8cm CD-ROMの電子書籍が流通していた頃があったのですが(中学生の頃でしたので、13歳?)、そのときに英語関係の辞書とともにゲットしたのが、FSSクロニクル、なる特徴的なイラストをした、アニメ本とは違うファンブック。硬派な世界設定を文字でずらずらっと紹介している、ストイックな電子ブックでした。

それ以来月刊ニュータイプ等で知ることになり、特徴的な絵柄、シャープなデザイン、メカニックなどの設定etcetc...。SFという点においてもまさにぴったりなお話なのです。ほかにも藤崎竜さんあたりが好きなのですが・・・このあたりで絵柄の好みなどもわかってしまうのかも・・・なんて。

私もいる場所は固定にしようかな、ということでShip07のBlock28か39かで迷い中なのでした。あんまり混雑していないところが望ましいでしょうしね。ちょこちょこ覗いて、今月中に決めておきたいと思います。

(何せ先日、本サイトを知って参加された方がおられたくらいでしたので(@_@) プレミアムブロックで一人遊んでいたところでしたので、びっくりさんなのでした)


永野さんのサイトはこちらです。オートマチック・フラワーズという個性的なタイトルなだけでなく、その絵柄も気に入る人ははまるはずなのです('-'*)

= オートマチック・フラワーズ =


もう一つ、別になってしまいますが・・・PSUの閉鎖も決まってしまいました。今年いっぱいは持つのかな、と思っていましたけど・・・さすがに人離れが予想以上で、もう、戻ることはかなわないのでしょうね。

それはFF14においても同じことがいえ、せっかく「新生」と銘打つくらいですのに、4GamerさんのTweet数ではPSO2が2つとも上という状況。つまり、今からのご時世、お客様をないがしろにした商売はもはや成り立たないといえるのでしょう。

ガチャで搾取ばかりを考えるのではなく、常に「無限の冒険」を「自然と遊んでいたら楽しくなるような冒険」がイメージできる構成にまとめ上げられるか。それだけは見失わず、意識して取り組んでいただきたいなと思います。

この数日で3組ほどご一緒いたしましたが、いずれも印象に残るいい旅路でした。その様子は追って紹介しますね。

PSUはコイン/スタンプをもらいに行くくらいで、来月は課金をどうしようかな・・・と思っていましたけど、これなら、もう。そのまま支払っておこうと思います。あと1ヶ月ですしね。

サービス終了のお知らせ


英断だったのかな、とは思うものの、今のセガさんにはもう体力は残されていないでしょうから、採算がとれないものはどんどん閉じていくと思います。その分のリソースをこちらに集約できればいうことありませんしね。

PSUのことからいえるのは「いくらアバター要素を充実させても、ゲームが楽しくなければ常に人は流れてしまう」ということ。ぜひ開発/運営さんたちはこの揺るがない事実を忘れてほしくないと思います。オンライン「ゲーム」なのですから、楽しくなければ人が集まり、居続けるわけなどないのです。

From : lavendy | 13:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/120

コメント

なんというか、PSUの閉鎖はここまで早いことは意外でしたが、でも近いうちに来ることはある程度予想できていたので、まあ来るときが来たって感じでしたね(^-^;)

なんだかんだで5年間楽しんだゲームでもありますし、広さとかに賛否両論はあったものの、季節や場所によっていろんな風景を見せてくれたPSUのロビーは、見ているだけで楽しかったので、それが見られなくのはやはりさびしいものがあります。
PSO2のロビーは季節感すら失ってしまいましたからね。。。(^-^;)

でもまあ、ユーザーはおろか、運営にすら見放されたゲームの末路というのは、こんなもんなのかなーと思うのは・・・

前に、酒井さん自身が心底毛嫌いしていて、一刻も早く終わらせたいと思ってるって話をしたと思います。

終了に関してブログに声明を出していますが、それを見れば、私の言っていたことがわかるかと思います。

「PSUは明らかに失敗だった。Poシリーズや集金強化のおかげでPSO2ができた。」

結局は自分の汚名を返上すべくPSO2を立ち上げるために、あえて仕方なくPSUを続けていたとも取れる文面。
曲がりなりにも6年間運営してきたゲームに関する、プロデューサーの最後の言葉がこれですから、もうどうしようもないですね。。。

おそらくPSO2も失敗と判断されたら、アップデートがVITA専用のオフラインソフトに化けて、本編はおざなりになったりするのでしょうか?

ユーザー信者ではありえません。失敗するしないも運営のさじ加減、ってことを肝に銘じてほしいものです。。。。


PS・PSO2は休止して2週間後に、また別のリアフレが始めたって連絡を受けたので、そのフレの育成お手伝いをしつつ再開しました。今は進捗がほぼそろっているフレも合流してくれたおかげで、非常に気が楽に進められています。
ゲームのシステム上の問題もあって、進捗がほぼそろってる人でないと一緒に遊べない、ソロだとあなりのキツさなので、本当に運がよかったです。

アップデートについては、エンド積み上げのみで、中盤の私には縁がないし、今後もたぶんずっとそうだと思いますので、もうレアとかLVとか、そういうのを気にしないで、自分のペースで楽しめればいいと思います。
さすがにフレに「私より進まないで~」って言うのは無理ですが(^-^;)

From : アメミヤ | 2012年07月31日 16:56

アメミヤさんへ

う~ん・・・確かにそういった見方もできるかもしれませんけど、あの文面からはそこまでひどい記し方でもないような気はしますが(汗笑)。

どうしてもマイナス面を見た場合、その考え方はあります。熱心にPSUを遊ばれた方ほど今回の唐突な終劇はげせないところがあると思います。私としてももうちょっと、がんばってほしい思いはありましたしね。

でも、失敗したからこそいまのPSO2があるわけで、すべてが全部ダメだったというわけではないと思います。それに、以前記したP-SPECですが、あちらを読まれたことはありますでしょうか?

そちらに記しておいていますが、イルミナスを発表する段階で、ポータブルのイラストができあがっていたわけなのですよね。このことが意味するもの、把握できますでしょうか。つまり、その時点でポータブルというよりもPSUの目指す方向性は確定していた、ということに他ならないと思います。

できればイルミナスの時にいろいろとしたかったことでしょうけど、その時点ではまだすべてを盛り込めず。そして、もしもイルミナスが成功していれば、第2弾拡張ディスクとして販売する可能性はあったのかもしれません(>現実は、PSPが絶好調だったため、そちらへスピンオフしたわけですが)。


そう思うと、すべてがすべてダメだった、とは言い切れない部分があるのでは。不満はもちろんいろいろありますよ。ゲーム面もよくできなかったところ多々ありますし、有料コンテンツを販売しておきながらこの幕引き、エターナルプラネッツを忘れたとはいわせません・・・です?(汗笑)

ですが、すべてはPSO2へ結実させるためだったと思えば、全否定はさすがに無理なわけで。それならなぜ今遊んでいるのでしょうか? ともなりかねず。

「PSO」を熱望し、その続編としてみた「PSO2」は確かに、PSUテイストを多分に汲んでいる節がありますので、必ずしも正当後継作と言い切れない部分はあるでしょう。

ケド、彼らが「これがPSO2です」といいきってしまえば、もうそれ以上でも以下でもないわけですよね。作り手が、そう話しているわけですから。どうしてもPSUの評判が芳しくないため、4Gamerさんのところにもいろいろ辛口意見あるでしょうが。

私としては、PSUがなかったらこのサイトが知れ渡ることもなかったのでしょうし、自分であれこれ書くこともなかったのでしょうし。いいのやら、悪いのやら、何ともいえませんけど、それがなければいろいろな出会いや思い出もできなかったわけで、最後に残るのはやはり「感謝」ではないでしょうか?

昨日ご一緒したとある人たちも、お休み前のたったの1時間弱でしたが きっと印象に残るひととき は送れたのではと思います。ラグネさんを残り3分30秒で仕留められるか、といったところで。見事10秒手前に撃破、みたいな。

そちらには裏がありますけど、後日記せたらいいですね。


こくこく。「楽しむ心」
・・・それはすなわち「童心に返る」こと。

まずは、そこからだと思います。

From : らべ | 2012年08月01日 22:13

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)