« 東京ゲームショウでのステージムービーと・・・? | メイン | PSO2 スペック 2011年11月版 »

2011年10月01日

終わりなき冒険は2012年に延期! with PSO2通信 第8回

お預けなのは予想通り・・・です?


昨日発表されていたみたいでしたけど、お仕事の一区切りの日ということで残業も相応に、おうちに戻ってきたら意識がなくなっていたみたいです(汗笑)。今朝はゆっくり目に起きて、メールに目を通すと・・・わわ。PSO2通信に加えてこちらがありますね。αテストの報告・・・ではなくて、要望対応でしたっけ。今日からしばらくお休みなので少し羽を伸ばしたいですね。


αテスト要望対応について『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト

「あなたのご意見は反映されていますでしょうか?」とのことですけど、私があげたの大半が操作系やUI周りでしたので・・・UIについて例が挙げられていましたけど、いわゆるアイコンやレーダーの大きさ、装備状況の不明瞭さの見直しや全体的な作り直しを予定しているとのことですから、だいたいはわかっていただけたのかな、と思います。

というよりも、きっと皆さんもそう思われたことでしょうしね。フルHD=1920*1080前提の設計になっているように感じましたので、このアナウンスは福音になりましたのです。少なくとも昨年のTGSで発表されていた 全環境対応新インターフェース にはほど遠い内容でしたから、少しでも近づけられるようにがんばってほしいものです。

(ゲームパッドとキーボード+マウスの操作系がごちゃ混ぜになっていたのがそもそもの問題なので、2つとも切り分けて作り直す方がきっと早いはずです)


戦闘関連を見ていて思ったのは・・・なんとまあ、フォースさんの意見が多いことで@@ 私もこれでもフォースをLv20まで使っていましたけど、そこまで不満に感じたところはなかったのですけどね。だいたいフォースは大器晩成型だと考えますから、低レベル時だけであれこれ威力周りの話をしてもしょうがないように思います。

ただ、方向性が定まっていない感があることは確かで、レスタは特にマルチパーティーエリアにて、偶然知り合えた仲間さんを回復しようにも、レスタで大幅に回復させるにはチャージ(ボタン押しっぱなしのため動作)が必要で、かつLv.5程度では効果範囲が極小すぎて、最大の2秒チャージをしてもほぼ密着=隣接している状態でないと回復できないのです。

とてもではないですけど、これでは皆さんが思いのままにばらばら動かれたら、回復なんてほぼできっこありません。先読みの能力がPSO以上に要求される・・・といえばその難しさがわかるでしょうか。かといってプレイヤー側の移動速度を下げるなどはできないことでしょうから、範囲のバランスをとるか、ホーミングできるようなスキルを追加して、いわゆるPSUでいうラ・レスタ(前方広範囲を回復)みたいな考え方を入れていくのかな?なんて思うところもあります。

(あとは、アクション周りの開発者さんから「フォースはテクニックをチャージし、遠距離支援向け」と話されていたと思いますけど、それではレンジャーさんと何ら変わらないですし、実際テクニックをばんばん唱えようと思ったら・・・結局近接で殴りをしないと思うようにはできなかったことでしょうから)


でも、前にも記しているとおりでよいゲームはシンプルにまとめられている傾向が高いものですから、回復だけで2種類以上というのは望ましくないですよね(PSUのギ・レスタや補助系・ディーザス/レンティスなどがいい例です)。なので、バランスをとるか、スキルでまかなうか・・・ここも、きれいに最初のうちで構想を練り上げておかないとまずいでしょうね。少なくとも今の仕様では自分の回復止まりにしかなりませんでしたので・・・。

(一度マルチパーティーで見知らぬ人を見かけたのですが、ハンターさんでダメージをかなり受けられていたので、何とかがんばって近寄り、攻撃している最中にレスタで回復できたのですが・・・無言でどんどん突っ走ってしまわれて・・・ぽかーんとする私がいるのでした。あんまりなのです@@)

歩きモーションについては送れていなかったと思うのですが、うんうん。PSUでもできていることがPSO2でできなくなるのはいただけませんしね。キャラクリであれくらい深く踏み込むのであれば、モーションや付随するサウンドなどもできる範囲でリッチにしてもらえるとうれしいです。


いおんさんからはこんなメールが入っていて・・・ええ。盆子原さんも話されていましたけど、来年になっちゃいましたよね。でも、私は何度もここに記してきました。「PSUの轍を踏んではならない」、と。PSU、FF14という前例があるわけなので、確かに会社のお偉いさんたちとしては年度内に出荷を果たすという、株主さんたちとの約束もあることでしょうけど、それこそまさに現状のネットの意見をまとめて、ぶつけるだけなのです。予算面のこともあるでしょうから、むやみやたらに延ばすことはできませんけど。

最終的には冒険しにいくのはプレイヤーなのです。そのプレイヤーさんから愛想尽かされるようなスタンスではいけないわけで、UI周りも考えると年内は無理でしょうね、と思っていたので、この発表はとても好意的に受け止められます。作り手側も大変になってしまったことでしょうけど、言い換えればそれだけ期待されていることの表れで、励みになったはず。

私も本来であればPSUの話題、ある程度お友達さんが離れられた2009年でもう終わりでいいかなと思っていたものですが、そのときのとある人に「たとえ一人になっても、サイトはまとめていきます」といった手前、ちゃんと形にしておきたかったものなので。目標は「頭の悪い私がちゃんと読んで、理解できるものを」、なのです。


PSO2ではどんな方向性でまとめていくのかはわからないですけど、コンシューマーゲーム機から今回はパソコンゲームへと移行するわけです。自分なりに培った経験を生かして、今の私ができることは、その移行の際に躓かれるパソコン関係の部分。そちらを含め、どんな風にPSO2がいいのか、みたいなところを伝えられるようなところにしたいですし。

ゆえ、スペック周りもちょこちょこっと、2ヶ月に一度は情報を出したいと思います。今のところ、いったとおりになっているのでびっくりですが、この分でいくならば・・・大胆予想ですけど、年明け少々・・・1月下旬?頃にα2テストを、そしてどの程度の意見が出るかに左右されるでしょうけどβ関係が3月、となれば、最終的なリリースはゴールデンウィーク前後あたりになってくるのでは、なんて。その頃には新しいグラフィックスカード(GeForce 600シリーズ(GK100系)、RADEON HD 7000シリーズ)、CPU(Ivy Bridge)も出ていることでしょうし。

いずれにしましても、今回の発表は十分今後に期待の持てる大英断だったと思います。ただ、来年の第2四半期以降までずれ込むようならパソコンのサポート・・・少し検討しておいた方がいいのかもしれません・・・です?

(ちなみに、α2テストは前回テスト参加者は無条件、それ以外も新規に12月から募集予定なのだとか。これはいいことなのです('-'*))

『ファンタシースターオンライン2』気になる今後のスケジュールが判明!――酒井プロデューサーにインタビュー

From : lavendy | 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/21

コメント

コメントはご自由に



(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)