« パソコンの授業 ~ 補講 その2 | メイン | 流星棍 »

2011年06月28日

GCは功罪相償(あいつぐな)う

PSO2ではよく考え抜いた方がいいかと・・・。


6/19 ゲームサーバー接続障害発生のお知らせ(6/24 16:30更新)


いつ記そうか迷っていたものですが、とりあえず目処がついているみたいなのでこのタイミングで記載しておこうと思います。

以前にもGCシステムに思うこととして書いたわけですが、今回はGC導入後の初ロールバックということもあり、提言しておく次第です。


GC自体はもうすぐ2年ほどたちますが、抵抗なく使える人、そうでない人、様々かと思います。私は言わずもがな、後者です。実際、それが原因でやめられた方は数えきれません。

本ゲームは「仲間とともに見知らぬ大地に降りたって、冒険活劇を繰り広げる・・・」のが趣旨となるわけですが、突き詰めていくと最終的にはレア掘り探しのゲームとなってきます。現状では生産要素がほぼ機能していない状況なので、アイテム=新武器は拾うのみになっています。つまり、拾ったときの値がすべてとなり、存在価値も決められるわけですね。

今まではそれがベースだったため、既存プレイヤーさんたちも何とか遊べてきていたわけですが・・・GCが導入されると「その値をお金でいじれるようになる」仕組みが取り入れられたため、それまで熱心にレア掘りに明け暮れていた人からは「もうやってられない」「ついていけない」と不評を買うことになり、余計に月額プレイヤーさんを減らす事態となります。


そうして次第に搾取方法がエスカレートし、気づかないうちにドロップレートを下方修正したり、GCガチャンなるものを導入し、直接入手させまいとする取り組みを実践。お目当てを出させるまでに何十回もさせられるという苦痛。・・・とあるお友達さんで、お目当ての髪型がほしかったものの、結局4タイプ分サービスクーポンを集める羽目に(お目当てが最後まで出ないのでした)。12000円を消費して・・・(これが決め手とは思いませんけど)結局、こられなくなった方もいます。

そうでありながら、「そのエントランスの、そのキャラさんのみでしか髪型が解放されない」というあまりの仕打ちのため、4キャラ分にともなると、いったいどれだけのお金を使えばいいのやら。待っていても解放はされるとはいえ、デイリースタンプだけでは300日も待たないと一つ解放されないわけですから、実質「GC使ってね」といっているようなものです。

最近いろんなところで見かけるWebのバナー広告においても、あちらに載っているキャラクターさんになりたければ、GCを使わないとなれないのですけどね・・・。どこが完全無料なのやら、です。


個人的に最悪だと思うのは、確かにパッケージ版とオンライン版を比較することはナンセンスかもしれませんが、PSPo2iでは普通にできることが、こちらでは何かとお金を使わないと満たされない点。そして、使っても無駄が出過ぎるという事態に。

星霊たちの遺産でアイテムを掘ろうにも、お目当てが出るまで何回も回らないとなりませんし、そこでだぶってしまうアイテムなども行き場を失い、・・・最近の私は、もう、店売りするようにしちゃいました。それも普通のドロップ品と何ら変わらない価格で、です。とても別途のリアルマネーを追加して得られる体験ではないように感じます。

高いですねえ・・・今回はほぼ最後に近くなってきていることと、流星棍が出るということ。現在超星霊期間、ということで・・・何とかがんばりました。しかし、こちらの写真のように1150円かけてようやく1個出るという有様です。それまでは、もう。とても口にできるような内容ではなかったですからね。

ましてや、現在はドロップ率を上げるチケットまで販売する始末で、レア掘りゲームでそういうことをしてはいけないのでは・・・と感じてしまいます。結局出てさえしまえばレートなんて関係ないのですから(後日一例を挙げます)。


そして、先日ユニバース1/2が消失するという事件があり、詳しくたどっていくと・・・ハードウェア障害。どうやらデータを格納しているHDDがクラッシュ? RAIDを組んではいるのでしょうが、避けられなかったみたいですね。

GCを導入してからは何とかロールバックをしないようにメンテナンスなりがんばってこられたのでしょうが、今回はついに及ばなかったわけです。そうして、私が思っていた「最悪のケース」に近い状況が再現されているわけです。つまり・・・そう。「GCに絡むアイテムの存在とその処遇」です。

単純に「これこれのアイテムは有料」というだけならまだ話はシンプルですが、GCにおけるアイテムへの干渉度はかなりのものとなっていて、属性状態やその率の変更、武器強化値の操作までいじられるので、運営さんは今頃必死になってデータの再構築、収集に追われていることでしょう。

つまり、今回の故障によってその補填に向けた部分へ、PSUの世界上だけでのお詫びにとどまらず、現実世界でもその事態を収拾させるための手間暇、人員の確保が必要となるわけです。これだけで数十万~下手したら数百万の損失になるのではないでしょうか。なかなか侮れなくて、儲けが簡単に消し飛んでしまうわけです。

現在のプレイ人口は何人かはわかりませんけど、ざっと見て2000人程度としましょうか。つまりそれだけのデータを全部照合しなくてはならないわけです。それも、GCをたくさん使う人ほど入念に調べ上げないとならない=上客さまとなるわけなので、補填ミスなどがあっては論外。

そこで思い出されるのが・・・以前記した私の結論なのですが、「自分たちの能力を超えた仕組みを導入すべきではない」と、口を酸っぱくしていうわけです。


2千人程度でこの状況に陥るわけです。もしもPSO2をより大規模な人数で運営したいともなれば、GCでここまで干渉させてしまうとかなり大変なのでは・・・? といいたくなります。仮に3万人いるとしたら、この15倍以上の負担が待ち受けるのです。単純に人員を15倍に増やせば解決できる・・・という問題でもなくなってしまうと思うわけですね。

それが前に記載した「シンプルにすべき。無駄は徹底して省く。GCは極論いらないのでは」と。武器掘りゲームで武器の内容を操作させてはいけないと思います。やるにしても、したら完全に個人のアイテムとなって出品不可、など。

まずは自分たちで「有料とはどういう意味なのか、価値を持つものなのか」を徹底して議論しないとなりません。

(してはいるのでしょうけど)完全にしきれていれば、このような状況に陥ったときのスキームもまとまっているはずです。障害発生から1週間を経過しても、なお音沙汰がない状況。おそらく今回のメンテナンスが終わるときに何かしらアナウンスはあるのでしょうが、これをPSO2に導入するというのは・・・かなり危険な行為だと認識すべき、と私は思います。


オンラインゲームは最近になり、インフラも充実してきたことからいろんな課金体系が出てきています。それゆえ、最初は無料からスタートさせる・・・なんてこともできるでしょうが、前に記したように「月額課金だけというのは、自分たちの管理もシンプルにさせられる」点でメリットがあるはずです。月額収入が立ちゆかなくなって運営が困難に=GC導入に至るわけですから。

GCみたいな概念を導入するのなら、本当にもう。ファンタシースターポータブル2と同じように、有料アイテムのみにすべきでしょう。武器強化まで関わらせてはご覧の有様になるとしかいえないのです。2千人だからいいですよ。5万人まで増えちゃったらどうしましょうか? ・・・間違いなく、これだけで自分たちの首を絞めかねません。


本当に自信があるのでしたらゲーム内容でストレートに勝負してほしいですし、おもしろかったら月額課金は十分できると思うわけです。現状無料で遊びたいというのは「月額1000円に見合うおもしろさが得られないから」、という裏返しでもあると思います。

できれば一人からたくさんお金をせしめるよりは、たくさんの人から少しずつ出資してもらう方が、お互いにいいじゃないですか。今でも無料で遊んでいる人はいるわけなので。そういった方々へも「これだけの内容は提供しているので、ご協力ください」とできるようになってほしいものです。

GCがなかったら今のPSUがなかったと思うと、相応にがんばった部分もあるでしょうが・・・少なくともプレイヤー体験は劣化をたどる一方です。今の内容では残念ながらゲーム面でのおもしろさを訴えづらい部分もあることでしょうし、PSO2は本当にがんばっていただきたいものですね。


(下の写真ですが、1回250円するミッションで、これじゃ、ねえ・・・)

はあ・・・ふう・・・あうう・・・


追記:こちらになかなか興味深い話題がありますので、お時間にゆとりのある方は一読してみるといいでしょうね。

【島国大和】ゲームにおけるフリーミアム。なぜ最近はヌルくて長いゲームばかりが流行るのか

上記の詳細はこちら
ゲームのフリーミアム化について本音を書いておくか。

From : lavendy | 21:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/665

コメント

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)