« 未来紡ぐ方舟 ~ 北東地区 | メイン | PSO2の最新ムービーが公開に »

2011年04月29日

未来紡ぐ方舟 ~ 南東地区

こちらはインターミッション的な内容・・・です?


バータが痛いです
南東地区・ブロック1です

キャラメル味です2日目にミカエルさんと遊べた際「南東地区が大変でした。個人的な意見ですけど@@」というお言葉があって、私は何も考えずこちらから遊んでいて・・・「ふむ、まあ、こんなものでしょうか」と思っていたのが、北東地区の遊びやすさと比較すると・・・確かにだらけてしまいかねません。きっと皆さん不評のエリアになりそうです(汗笑)。

一直線に並べてなぜそうなるのか、という点を箇条書きにすると「反属性」「強攻撃」「飛び道具持ち」あたりになりそうですが、詳しいことはいずれまとめてみます。どちらにしても南東地区はアイテムがよくないとあまり回られない印象でしょう。なぜなら・・・そう。ボスさんがこれも不評のディー・ロレイさん。いつまでたっても降りてこないと有名です@@

コグ・ナッドさんが難敵
南東地区・ブロック2です

かっち~ん今回はブロック3までをベルさんで遊んだものを収めています。どうやら今回は各エリアにシークレットアクション=SA(Secret Action)を用意しており、昨日のはバータ砲台の隠しチップ。

秘密を解き明かすと・・・ブロック1ないし2までに出る、王冠付きの3匹が出てくるポイントみたいです。対象の敵さんは「オルゴーモン」「ナヴァ・ルッダ」「ヴァンダ」「サウギータ」さんの4匹っぽい感じです。そちらで「同時出現する3匹の敵さんを、ほぼ同時に倒す」ことで、達成できる印象です。今回は偶然ブロック1の序盤で再現できていますので、最初のムービーの3分後半あたりにご注目を。

引っかけちゃいましょうでも、正直これは達成できるのがほとんどSUVウェポンで出現と同時に殲滅ですとか、一撃必殺で倒しきるのがおそらく成功率引き上げの条件となりそうな予感で・・・。なかなか意識して狙うのは難しそうです。私にとってはつらい内容なので、こういったのは狙いたくはないですね。

昨日のラグナスさんを見ておわかりでしょうが、私の冒険、きっと皆さんと異なるのではないでしょうか。デモンストレーションのためとはいえど、普段からあのようにして遊んでいるわけです。ゆえ、あの遊び方がいいかどうかは何ともいえませんけど・・・。ただ、何かしら冒険らしさを感じ取ってもらえるとうれしいかな、って。

炎オルゴーモンさんは要警戒
南東地区・ブロック3です

ブロック1はオルゴーモンさんのバータが要注意。なかなか痛いのです。凍結能力も高めのため、近接職の方はフリーズ/レジストを用意できるといいでしょうね。カガジバリさんはまだ個別の攻略法は記していませんけど、バリア展開時に加えた攻撃属性をコピーするという能力を持つため、くれぐれも氷/闇系での攻撃は加えないように。凍らされたり即死したりといいことありませんので(汗笑)。テクターさんがいるときには土属性も控えるといい感じです(沈黙させられるため)。

氷漬けにならないようにブロック3は炎のオルゴーモンさんの強烈なクイックフォイエに要注意。クリティカルをもらったら即死級でしょう。ただ、これにもコツはありまして・・・ミカエルさんに紹介しますとお伝えしているので、明日の話題にでも取り上げましょうか。ちょっと、シーンは異なりますけど・・・。

そうしてボスはディー・ロレイさん。ムービーは割愛しておきますね。皆さんならさほど労することもなく攻略できそうですから。強いていえば筏を中央寄りにキープしておき、どちらに彼が移動しても、くらいつけるようにしておきたいものです。接触できなかったら再び逃げてしまいますからね。


それでもアイテムは出ませんそして・・・どうやら昨日のもですけど、SAを達成するとクリア箱が増える印象です。4箱ほどでしょうか。いずれにしてもこちらの地区は運がよければ達成できる、といったところなので、無理に狙うことはないかもしれません。

今のところ4、5回ほど遊んでいますけど、何にも出る印象がありません・・・。補正うんぬんの話はさておき、やっぱり何かしら出てモチベーションも上がりますしね。敵さんの数が少ないため、とてもではありませんがあれらの景品でゲットしようとなると・・・かなりつらそうです。


ああ、本当に・・・PS2の方たちがいるだけでも、だいぶ心持ちは変わりそうなのですけどね。残念なものです。マイペースに遊んでいこうと思います。

From : lavendy | 21:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/593

コメント

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)