« フォースへの道 | メイン | ハンゲームに・・・ »

2010年04月13日

遙かなる地の記憶 -坑道編-

ゲート撃ちの見本です。zoomeさんと連動させています。



ゲート撃ちとはなんぞや!という人は・・・多分あまりおられないかもしれませんけど、PSOから続く由緒正しき攻め方・・・だといいのですが@@ 言葉が悪いと「逃げ腰、チキン」といわれてしまうものです。

しかしながら、レベルがあまりに違いすぎて、のうのうと中央に出て行ってすぐに倒れてしまうようでは本末転倒。そうなると、どうしても自分がやられにくい環境というものを作り上げないとならないわけですね。

そこで、ゲートを越えては敵さんが攻撃してこない(PSOの場合。本作はゲートからもう少しだけ攻撃してくるので要注意)性質を利用して、自分がその境目近辺で戦うようにすれば、被害を最小限に食い止められると考案されたのが ゲート撃ち なのです。


今回のこのミッション、特にガオゾランさんのパラメータがかなり厳しいです。元から強いわけですが、物理攻撃、射撃、法撃半減、耐性異常低減etcetc...。防御面だけでもほぼ神がかっているのに、スライド移動に弾速の速いフォイエ、近づいたらギ・バータ、ラ・メギド・・・と、死角が見当たらない魔法使いさんです。

少なくともPSOのソーサラー系エネミーさんはここまでひどいことはなかったと思いますけど、無印時代のPSUと比べたら、まだ弱体化された方だと思います。対処法は、考えればいくらでも編み出すことはできますからね。


その中でもフォースさんの場合はそのモーションの遅さから、がおがおさんの動きについて行けず、まんまフォイエをもらったり、有効打を出せないまま倒されてしまったりと、かなり苦しい目に遭わされると思います。

しかし、そのゲート撃ちさえ意識できれば、こんな動画のように仕留めることも可能になります。もちろんフォローするための動き(すぐにレグランツ、レスタを用意したりいするところですね)は欠かせませんが、

基本はゲート近辺の「壁」と「くぼみ」を利用して、移動量を封じ込め、フォイエを当たらないように立ち回らせている、といえるのです。これぞ、フォースの原点ともいえるかもしれないです。


「な~んだ、せせこましい戦い方だね」と思われたら、それはあなたさまご自身のスキルが遙か上にあるということ。このゲームは突き詰めていけば、おおよそのこと、わかってしまうはずですから。

この所作はあくまで「どうしても勝てない」「スマートに倒す方法はないかな」というところで、「丹念に仕上げられる人向け」の紹介となります。私はこれ以上のことはする気はありません。疲れちゃいますからね・・・。

もちろん、パーティープレイではこんなコトする必要ありません(汗笑)。あくまで一人向けの内容ということで。

From : lavendy | 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/167

コメント

一人プレイだとこういう戦い方が必要になりますよね。

ちょっと違うのですが、わたし、よく流水Rにいくのですが、氷系が封じられたときに、ビートクルーデ2体戦のときに使用して使用している方法です。

私の場合は、なるべく2体が画面に映るように動き回って、隙をついて攻撃っていう感じです。で、どうしてもまとまらないときは、なるべく射線がかぶらないように、敵さんの位置に注意して攻撃です。本当にダメだと思ったときのみ、部屋からカミングアウトして一回仕切りなおしにしたりします。

グルーデの攻撃は、ミサイル+爆発(ここ重要)でダメージが入るので、どうしても壁に接近することが出来なく、攻撃時の隙をつくという形にしています。

なので、私が考えるフォースの極意(?)は、相手の動きを隙をつき、こちらが有利になるようにすると考えています。その方法としては、レグランツやノス系テク、あとは、ダム系を適宜使用して、こちらの場に持っていくようにしてます

From : 冬仮名 | 2010年04月14日 22:52

にはは。もう結論を書かれてしまっているのです(汗笑)。それはもうちょっと後で記したいかなと思っていましたけど、そうですね。

結局フォースにできることって結構限られていて、それでいて幅は広くて。このゲームデザインの根底にあるものを見極めていったら、自ずと有利なテクニック、立ち回りなども見えてくるはずなのです。

冬さんのおっしゃることはごもっともで、それを超えて何かしようかなと思ったら、パーティープレイしかないということになってしまいます。ただ、ここまで考え極めていくと、やり応えはなくなっちゃっていると感じるんですよね。


そのあたりは今日載せた酒井さんたちの談話にありますけど、歯ごたえのあるミッション、というよりも、それもさることながら「何を増やして、何を削るのか」をまずは明確にしてほしいところですね。それだけでも、既存ミッションは生まれ変わると信じていますので。

貴重なご意見、ありがとうございました('-'*) 参考になるのですす。

From : らべ | 2010年04月17日 23:28

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)