« X79はIvy Bridge-Eで本領発揮 | メイン | Sandy Bridge-Eのオーバークロック »

2011年08月08日

Intel SSD 710の発売時期と予価

近日中に出荷予定なのだとか。


Exclusive: Intel SSD 710 Gets Priced, to Land in Mid-August

Sandy Bridge-Eの話題が記せずすみません@@ 週明け月曜日は広告が大量に出回るため、時間がある時はおうちでもネットをする時、最近は広告欄も意識して見るようにしています。なかなかいろいろ出ているのですね。楽しいかどうかは別として、いろんな業者さんが配信しているのです・・・と思うところで。

VR-ZONEさんに出ていたのですが、IntelさんのSSDといえばX25-Mで一躍有名になりましたけど、最近はCrucialさんのC300/400シリーズや、SandForceさんのSF-2281などが話題になっていますね。Intelさんは定番を地道に改良していっている印象ですが、いわゆるハイエンド向けのSLCタイプについては最近めぼしい情報がありませんでした。

しかし、この話題ではようやく710シリーズの出荷が開始される旨の記載があり、8月中旬から出荷開始、そして気になるお値段が・・・


Price / Price/GB
Intel X25-E 32GB US$370 (retail) / 11.6
Intel X25-E 64GB US$730 (retail) / 11.4
Intel SSD 710 100GB ~US$650 / ~6.5
Intel SSD 710 200GB ~US$1250 / ~6.3
Intel SSD 710 300GB ~US$1900 / ~6.3


・・・となっている模様です。なんと710は最低でも6万円、上位2モデルはなんと12~20万円近い価格になってしまいそう。現在は円高が極端なレベルで展開されているので、輸入は多少安くなりそうでしょうけど・・・それでも100GB版で6万円程度、200GB版が11万後半、300GB版で17万円あたりはしてしまうような。

後ろにあるGBあたりの単価、という‥‥で見た場合はいずれも$6.3/1GBという計算みたいですけど、やはり300GBともなると高いですね。ほかの256GB SSDが5万円程度で買えることを考えると、実に3倍以上の値付けをしている計算になります。

スペックも数字だけを見るとふるわないように思われますが、文章には「SLCタイプ並みの高信頼性eMLC HET NANDを用いることで、安価にしながらも容量を拡張できたモデル」と記しており、3年間保証の上にX25-E並の書き換え量保証を実現しているのも目が離せませんね。


同社の同封しているシールに「Speed Daemon」という、圧倒的性能を謳うものが入っていますけど、最近は他社の攻勢にも遭っていますから。残すは超ハイエンド系の720となるのでしょうが、これは別次元のモンスタースペックとなっているため、価格もすばらしいことになるのではないでしょうか。さすがに20万を超えていくようでは誰も買えないように思いますけどね・・・。


(9/5 23:59追記)

「HET-MLC」は略称となっていますが、正式名は「High Endurance Technology Multi-Level Cell」NAND 、となっています。「高耐久性技術(HET)」採用のマルチレベルセルNANDということみたい。SLCに匹敵する書き換え性能を有しているみたいですが、スピード面で見た場合は前作X25-Eと大きな差があるわけではないみたいです。

その上でこの値付けですから、買う人ははたしておられるのでしょうか・・・? この品はスピードよりも、信頼性を重視する人向けなのでしょうね。

Intel SSD 710 Lyndonville for Enterprise Detailed
「買ってくれますかね」(8/31) ---某ショップ店員談

投稿者 :lavendy  |  2011年08月08日 23:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/716

コメント

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)