« 28nmプロセスの立ち上げは微妙? ~ RADEON HD 7000 | メイン | Windows8の起動速度 »

2011年09月08日

Sandy Bridge-Eは11/15に発表/発売?

ついにリリース日が決まったみたいですね。


Report: Intel Sandy Bridge-E on November 15th


Core i7 3820($294)、3930K($583)、3960X($999),の3SKUが用意されたSandy Bridge-EことEnthusiast向けのハイエンド系CPU。LGA1366の後継となるLGA2011をソケットに、DDR3 4chという未聞のインタリーブアクセス、40レーンものPCI Express 3.0、8ポート以上にまたがるSATA 3.0ポートetcetc...いわゆる「並列化を存分に楽しめるモデル」として希求されるセグメントと思われます。

興味深いのはSATA 3.0のSSDでRAIDなりで1GB/sを超すスピードが出る場合、LGA1366が好成績を残したりするような状況が出てきているため、「とことん最上位で固めたい」という方に向いているプラットフォームといえるでしょう。その様子はこちらにまとめられていますので、一度読んでみるといいかもしれません。


エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.95 OCZ RevoDrive3 X2シリーズでリード1500MB/s、ライト1250MB/sの世界を体感する


つまり、ポートのピーク値に近いような速度が複数のチャンネルで発生する際、メモリバンド幅、ならびにチャンネル数も相応にあると極力ロスを減らせる、ということなのかもしれません。テストでは現状最高と思われる2133MHz駆動のDDR3を用意されていますからね。・・・とはいえ、その100MB/sの体感差が転送速度1GB/sを超えた世界で、はたして感じられるのかどうかは謎なところですけど・・・。

ただ、このセグメントに興味を持たれる方はきっと「パフォーマンスロスの要因を極力排除し、最高性能を引き出せるように考える」方だと思われますから、ゆとりの設計がいろいろな可能性をもたらしてくれるのでしょうね。私も安めの3820でいいので、せっかく4ch分の2GBメモリを手にしたものですから、チャレンジしてみたいですね。

リリース日はWeeks 46-47と伝えられていたみたいですけど、11/15が現在は濃厚とのこと。結局、AMDさんのBulldozerが年末へとずれ込んでしまったため、どちらが先行発売されるのでしょうか。お互いにどのくらいのパフォーマンスがあるのか、注目してみたいです。

(とはいえ、990Xと3960Xとでは2割届くかどうかの性能差しかないみたいですけど・・・>AVXとバンド幅で大幅に上回るのは確実なのですが)


しかし、お金が・・・(汗笑)。

投稿者 :lavendy  |  2011年09月08日 20:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lavendy.net/mt/mt-tb.cgi/745

コメント

コメントはご自由に




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)